タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-社会科教育学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60511000 
科目名   社会科地域教材論Ⅰ  
担当教員   渡部 竜也  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   別途指示    開講学期   春学期  
曜日・時限   集中   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考   
ナンバリング   132152 
ねらいと目標 地域教材づくりを実践的に学ぶことを通して,子どもたちの地域に対する関心を高め,また理解を深めるために,社会科に携わる教師として地域教材の開発能力を練成する。 
内容 グループによる事前調査と夏季の集中授業によるフィールドワーク,教材開発,学習指導案作成。 
テキスト テーマにより適宜選択する。 
参考文献 テーマにより適宜選択する。 
成績評価方法 活動への参加状況,グループへの貢献度,合宿における研究発表,事後のまとめによって評価する。 
授業スケジュール(展開計画) ・4月~7月:事前調査(各グル―プで定期的に集まり,テーマ設定,文献調査等を行う)
・8月第1週:合宿(フィールドワーク,教材研究,学習指導案作成)
・9月~11月:事後調査(研究のブラッシュアップ,発表)  
授業時間外における学習方法 事前調査では,各グループで自発的に集まり,教員と連絡を取りながら積極的に進めてほしい。
また,常日頃から,テーマに関する情報に関心を持ってほしい。 
授業のキーワード フィールドワーク,地域教材開発,チーム・アプローチ,授業創り 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 上級生と積極的に交わり,その経験から学んでほしい。
地域から学ぶという姿勢を持ってほしい。
フィールドワークの意義を実感してほしい。 
実務経験のある教員による科目 中高で5年実務経験あり 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面・リモートを織り交ぜてやります 
その他 11月に,東京学芸大学社会科教育学会でその成果を公開発表する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.