タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-社会科教育学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102320 
科目名   中等社会科・公民科教育法Ⅱ  
担当教員   鈴木 隆弘  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   N201    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水2   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程社会専攻中学校各教科指導法 
備考  公民科教育法Ⅰを履修済の者に限る。60名を超える場合、制限することがある。 
ナンバリング   123151 
ねらいと目標 中学校社会科および高等学校公民科についての実践力を身につける。 
内容 教材研究の理論と方法を学び,実際の授業づくりに取り組むとともに,具体的な授業の観察(主としてビデオ資料)を通して,教育実習に必要とされる授業分析のスキルの向上をはかる。 
テキスト 日本公民教育学会『テキストブック 中学校・高等学校公民教育』第一学習社,2004年 
参考文献 文部科学省『中学校学習指導要領』(平成29年3月告示)
文部科学省『中学校学習指導要領解説 社会編』(平成29年6月)
文部科学省『高等学校学習指導要領』(平成30年3月告示)
文部科学省『高等学校学習指導要領解説 公民編』(平成30年)
東京学芸大学社会科教育学研究室編『中高社会科へのアプローチ — 社会科教師の専門性育成 —』東京学芸大学出版会,2010年
 
成績評価方法 授業への参加状況(50%)・発表内容(50%)などを総合して評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション(本授業の目的と方法、教職課程における本授業の位置づけなど)
2日本の多文化化と価値の多様化の問題について
3公正な社会的判断力の育成についての学習事例の検討
4多文化社会を念頭に置いた中学校社会科公民的分野および高等学校公民科の授業づくりについて
5学習の転移について
6授業研究の理論と方法
7質的授業研究について
8授業観察(人種差別と社会的差別)
9授業観察(消費者教育)
10授業記録の分析と解釈(法関連教育とICT)
11公民科の単元開発と授業づくり(多文化教育の模擬授業)
12公民科の単元開発と授業づくり(青年期についての模擬授業)
13公民科の単元開発と授業づくり(シティズンシップについての模擬授業)
14公民科の単元開発と授業づくり(倫理的課題についての模擬授業)
15模擬授業の振り返りと教師の専門性について
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.