タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-社会科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60403400 
科目名   高校歴史教育における教科内容構成  
担当教員   小嶋 茂稔  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S101    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金4   単位区分   選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免自由選択、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース自由選択、初等教育教員養成課程英語選修自由選択、中等教育教員養成課程英語専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース自由選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻自由選択、初等教育教員養成課程学校教育選修自由選択、初等教育教員養成課程数学選修自由選択、中等教育教員養成課程理科専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース自由選択、中等教育教員養成課程家庭専攻自由選択、中等教育教員養成課程技術専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース自由選択、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程国語選修自由選択、初等教育教員養成課程環境教育選修自由選択、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース自由選択、初等教育教員養成課程理科選修自由選択、初等教育教員養成課程美術選修自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修自由選択、中等教育教員養成課程書道専攻自由選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修自由選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修自由選択、中等教育教員養成課程音楽専攻自由選択、中等教育教員養成課程社会専攻自由選択、初等教育教員養成課程保健体育選修自由選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程学校心理選修自由選択、中等教育教員養成課程美術専攻自由選択、初等教育教員養成課程国際教育選修自由選択、初等教育教員養成課程社会選修自由選択、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース自由選択、中等教育教員養成課程数学専攻自由選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース自由選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻自由選択、中等教育教員養成課程国語専攻自由選択、初等教育教員養成課程家庭選修自由選択 
備考  教職に関する科目(選択) 
ナンバリング   132144 
ねらいと目標 次期高等学校学習指導要領において、社会系教科(地理歴史科・公民科)の内容は大きく再編される。
また、歴史教育における、コンテンツ重視から、コンピテンシー重視への転換にともない、生徒に身につけさせる「知識」の精選と、その知識を活用していかに「歴史的思考力」を身につけさせるかが問われている。この授業では、新しい高校段階の歴史教育で求められる、教育内容のあり方について歴史学の立場から分析することを通して、新しい指導要領や教科書のもとで求められる教材開発や授業実践を遂行できる能力を身に付ける。 
内容 歴史学の視点から、次期学習指導要領で高等学校地理歴史科に導入される「歴史総合」「日本史探究」「世界史探究」の教科内容を分析し、新しい教育課程において求められる歴史学的知見や考え方を確かめる。あわせて、教材開発に際して留意すべきことや、資料(史料)のとりあげ方や分析方法についても考察する。担当教員による講義と、受講者による諸活動とを組み合わせて、授業を進めていく予定である。 
テキスト 『高等学校学習指導要領(平成三十年告示)解説 地理歴史編』(東洋館出版社、2019年、税込836円) 
参考文献 必要に応じて授業中に指示する 
成績評価方法 以下の2つの部分を総合して成績評価を行う。
(1)各回の授業時に提出する小レポート(25%)
(2)学期末に提出してもらうレポート。課題等は授業中に説明する。(75%) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1次期高等学校学習指導要領における高等学校地理歴史科歴史系科目のあり方(講義)
2「歴史総合」の指導法と教科内容の概観(講義)
3「歴史総合」の教科内容(内容A)についての検討(演習)
4「歴史総合」の教科内容(内容B)についての検討(演習)
5「歴史総合」の教科内容(内容C)についての検討(演習)
6開発した「歴史総合」の教材についての発表・検討(演習)
7「日本史探究」の指導法と教科内容の概観(講義)
8「日本史探求」の教科内容(古代から近世)についての検討(演習)
9「日本史探求」の教科内容(近現代)についての検討(演習)
10開発した「日本史探究」の教材についての発表・検討(演習)
11「世界史探究」の指導法と教科内容の概観(講義)
12「世界史探求」の教科内容(主にアジア)についての検討(演習)
13「世界史探求」の教科内容(主にヨーロッパ・アメリカ)についての検討(演習)
14開発した「世界史探究」の教材についての発表・検討(演習)
15まとめ
授業時間外における学習方法 授業中に指示された文献を読んでくる。演習課題への理解を深化させるための討議等を授業時間外にも行う。 
授業のキーワード 教科内容 教科内容の構成 歴史教育 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 中学校社会科や高校地理歴史科の教員を目指す学生諸君の受講をお待ちしています。社会科の学生諸君はもちろんですが、その他の教室の学生諸君も、遠慮なく受講してください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 受講人数次第であるが、対面で実施する予定。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.