タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-社会科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60300200 
科目名   社会科研究  
担当教員   赤間 祐介,井ノ口 哲也  
対象学年   2年   クラス   54  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   水2   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程家庭選修小教:社会、初等教育教員養成課程理科選修小教:社会、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:社会、初等教育教員養成課程音楽選修小教:社会、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:社会、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:社会、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:社会、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:社会、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:社会、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:社会、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:社会、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:社会、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:社会、初等教育教員養成課程美術選修小教:社会、初等教育教員養成課程英語選修小教:社会、初等教育教員養成課程数学選修小教:社会、初等教育教員養成課程国語選修小教:社会、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:社会 
備考  1年生履修不可。履修制限をすることがある。 
ナンバリング   132141 
ねらいと目標 社会科を専攻しない学生が将来小学校社会科の授業を行う際に理解しておくべき基礎的な内容について、地理的分野・歴史的分野・公民的分野から重要な事項を選んで学習する。身のまわりの地域から出発し、空間的・時間的・社会的次元に沿って視野を広げながら結びつけていく小学校社会科の発想を身につけること、社会科授業のさまざまなテーマを結びつけるコアとなる事項の知識を確実に習得することがねらいである。 
内容 学習指導要領における小学校社会科の構造・特徴をふまえた上で、社会科を構成する地理的分野・歴史的分野・公民的分野それぞれから重要なトピックを選び、複数の教員が分担して授業する。地理的分野では自然環境・風土と生活文化、産業構造と社会の変化、身近な地域の学習、歴史的分野では、日本の歴史における天皇の役割、鎖国と開国、公民的分野では高度経済成長と公害等の問題をとりあげる。 
テキスト 文部科学省編『小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 社会編』日本文教出版 2018 定価 153円
そのほか、授業中にプリント、資料を適宜配布する。 
参考文献 大澤克美編著 『小学校社会科教師の専門性育成 第三版』 教育出版 2019 ¥2000
その他、授業中に別途指示する。 
成績評価方法 学期末に筆記試験を実施する(赤間担当分と井ノ口担当分のそれぞれについて出題。いずれも資料・ノート等の持ち込み不可)。 
授業スケジュール(展開計画) 小学校社会科の特徴と地理・歴史・公民の各分野における重要テーマについて講義する。なお、諸事情によって講義の順番が入れ替わることがある。
内容
1小学校社会科を学ぶことの意味
2井ノ口:天皇の系譜と戦後日本の皇室
3井ノ口:日本の歴史における天皇の役割:教科書記述の検討
4井ノ口:遣隋使・遣唐使の見た中国
5井ノ口:「鎖国」とは何か
6井ノ口:「高度経済成長と公害」に関する教科書記述の検討
7井ノ口:「高度経済成長と公害」の事例の検討
8赤間:小学校社会科学習指導要領の解説
9赤間:日本の国土と産業
10赤間:都市と公共システム
11赤間:地域学習と教材
12赤間:身近な暮らしと政治の働き
13赤間:世界の国々と世界の中の日本
14社会科と情報リテラシー
15小学校社会科の課題とまとめ
授業時間外における学習方法 小学校学習指導要領 第2章 各教科 第2節 社会 を通読しておくこと。 
授業のキーワード 小学校社会科 
受講補足(履修制限等) 本科目は2年生以上のみ受講できる。各クラス50名程度を標準とし、それを超えた場合は授業の初回にクラス間の人数調整を行う。もしも受講人数の関係で履修を制限する場合は3・4年生を優先する。 
学生へのメッセージ 社会科は社会の一部であり、我々も社会の一部です。社会を学ぶことは自分が何者であるかを学ぶことでもあり、社会科はそれを助けたり、場合によっては妨げたりします。社会科の場合は、主体と対象は独立別個のものではありません。つねに「我々はどうするのか」という問いにつながります。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 受講人数によっては、対面形式で行うことを検討する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.