タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-英語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60603700 
科目名   イギリス文学Ⅰ  
担当教員   池田 栄一  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S303    開講学期   春学期  
曜日・時限   木4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修選択科目A、中等教育教員養成課程英語専攻選択科目A 
備考   
ナンバリング   133132 
ねらいと目標 イギリスの小説の分析を通じてイギリス文化の諸相について学び、批評理論を応用した読解によって文化リテラシーを養う。 
内容 ファンタジーの金字塔『ハリー・ポッター』シリーズを教材にして、小説に登場するイギリス文化の諸相(階級制度、学校制度、パブリック・スクール、スポーツ、鉄道制度、カントリーハウス、新聞メディアなど)を取りあげ、映画版を観ながら、階級、ジェンダー、人種などの観点から分析する。 
テキスト 中村圭志、『徹底分析! ハリー・ポッター[増補改訂版]』(サンガ、1800円+税) 
参考文献 寺島久美子『ハリー・ポッター大事典Ⅱ』(原書房);クリストファー・ベルトン『ハリー・ポッターと不思議の国イギリス』(コスモピア) 
成績評価方法 レポート3本による総合評価。詳細はWebClass「受講者の皆さんへ」参照。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ホグワーツはどこにある?―イギリスの鉄道制度(『賢者の石』)
2魔法学校とパブリック・スクール(『賢者の石』)
3クイディッチと学校スポーツ(『賢者の石』『秘密の部屋』)
4ドラクエのファンタジー(『秘密の部屋』『炎のゴブレット』)
5隠喩としての「狼人間」―「病」と差別(『アズカバン』)
6多文化主義と植民地主義(『アズカバン』『炎のゴブレット』)
7階級と優生思想―「純血」のイデオロギー(『炎のゴブレット』『不死鳥の騎士団』)
8ホモソーシャルと女性蔑視(『不死鳥の騎士団』)
9ダンブルドアはゲイか?―ジェンダーから見る(『死の秘宝』)
10「悪役」スネイプ―親世代と子世代(『謎のプリンス』)
11「分霊箱」と道具主義の末路(『死の秘宝』)
12「死の秘宝」が意味するもの(『死の秘宝』)
13予言・運命・自由意志(『死の秘宝』)
14次世代の物語(『呪われた子』)
15まとめ
授業時間外における学習方法 指定した教科書の該当箇所を事前に読み、映画版も鑑賞しておくこと。参考文献の該当箇所を調べておくこと。
 
授業のキーワード ジェンダー、性差別、性役割、人権教育 
受講補足(履修制限等) 他選修・他専攻の学生も受け入れる。 
学生へのメッセージ 文化的リテラシーを培うために、積極的な質問を期待する。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本とし、遠隔形式により資料などをの配布を行う。感染拡大の場合は、遠隔形式に切り替える。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.