タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-英語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60602200 
科目名   英文法演習B  
担当教員   阿戸 昌彦  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S303    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金2   単位区分   必修,選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修選択科目A、中等教育教員養成課程英語専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   131132 
ねらいと目標 英語運用能力の基礎として、英語を教える際に役立つ知識として、実践的な英文法の定着を図る。国際社会でコミュニケーションツールとして活用できる現代英語の文法の力を身につける。 
内容 基礎的文献・課題文をもとに英文法のポイントを確認し、そのポイントによる文のニュアンスを自分のことばで説明できるようグループでのディスカッション、練習問題への取り組みを通して演習を行う。必要に応じて課題を課す。
 
テキスト Murphy, R. et al (2108) Grammar in Use Intermediate 4th ed. Cambridge University Press.
ISBN-13: 978-1108449397 
参考文献 江川泰一郎『英文法解説』金子書房
安藤貞雄『現代英文法講義』開拓社
Swan, Michael Practical English Usage 4th ed. Oxford University Press
Swan, Michael and C. Walter Oxford English Grammar Course: Intermediate, Oxford University Press
Azar, B.S. and S.A. Hagen Understanding and Using English Grammar 4th ed. Pearson Education ESL
他 授業において適宜指示する
 
成績評価方法 出席が規定に足りていることを前提に、課題の提出10%程度、試験90%程度を基準として総合的に評価する
A:総合点が90点以上
積極的に授業(ディスカッション)に参加し、授業で扱った文法項目について十分に理解している。学んだ知識を教育・自身の学習に活用することへの意欲・関心が高い。
B:総合点が80点以上
積極的に授業(ディスカッション)に参加し、授業で扱った文法項目についておおむね理解している。学んだ知識を教育・自身の学習に活用しようとしている。
C:総合点が70点以上
授業(ディスカッション)には積極的に参加し、授業内容についてはほぼ理解しているが、自分の言葉で説明するにはやや不十分な点もある。教育や自身の学習に生かそうとする意欲は見られる。
D:総合点が60点以上
授業(ディスカッション)には積極的に参加し、授業内容についてもほぼ理解はしているが、自分の言葉で説明をするには不十分な点がみられる。自身の学習に生かそうとする意欲は見られる。
不合格:総合点が60点未満
特に授業への積極的な参加がない。知識を教育・自身の学習に生かそうという意欲がみられない。
 
授業スケジュール(展開計画) 第1回:身につけるべき英文法の事例を名詞・形容詞・非定形節を中心に考える
第2回:不定詞と-ing形(1)動詞の補部として生起する不定詞・-ing形の用法を理解し、使えるよう演習をする
第3回:不定詞と-ing形(2)形容詞の補部として生起する不定詞・-ing形の用法を理解し、使えるよう演習をする
第4回:動名詞と派生名詞の用法を理解し、使えるよう演習をする
第5回:名詞(1)可算名詞・不可算名詞の違いを知り、使えるよう演習をする
第6回:名詞(2)冠詞の用法を理解し、正しく使えるよう演習をする
第7回:名詞(3)日英で意味のずれ・ニュアンスの異なる名詞表現を理解する
第8回:形容詞の基本的な用法を理解し、使えるよう演習をする
第9回:比較(1)比較形が表すことを理解し、使えるよう演習をする
第10回:比較(2)最上級形が表すことを理解し、使えるよう演習をする
第12回:前置詞の用法を理解し、使えるよう演習をする
第13回:関係節の用法を理解し、使えるよう演習をする
第14回:仮定法の用法を理解し、使えるよう演習をする
第15回:まとめと定期試験


※参加者の理解に応じて、進度を調節することがある。
※春学期の英文法演習Aと取り扱う項目の入れ替えがありうる。
 
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 初回の授業に必ずWebClassにアクセスすること 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔(受講生が多いため) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.