タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-英語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60601500 
科目名   英語読解Ⅱ  
担当教員   浦口 理麻  
対象学年   1年   クラス   52  
講義室   S406    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火2   単位区分   必修,選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修選択科目A、中等教育教員養成課程英語専攻必修科目 
備考  対象:学校教育系他学科 
ナンバリング   131132 
ねらいと目標 ・英文を丁寧に読むことで、精読の力を伸ばす。
・制限時間内で長文を読み、問いに答えることで、速読の力を伸ばす。
・課題となる文章を通して外国の文化や社会問題についての知識を増やす。 
内容 映画のスクリプト、短編小説、長編小説、新聞記事、文学の批評論文を読みながら読解力を伸ばすクラスです。適宜映像なども用いながら授業を進めます。

授業は2回で1セットとします。
①課題の文章とそれに対する問いに関してグループでの話し合い、発表
②精読を目的とした読解、決められた時間内で長文を読む速読の訓練

どちらの授業においても、必ず予習が必要とされます。課題はWordファイル1ページ程度(1000字程度)にまとめて提出してもらいます。

グループでの話し合いが毎授業ありますので、積極的に発言、発表をしてください。予習をしていないと話し合いには参加できないので、必ず課題となる文章は読んできてください。 
テキスト web上に資料を載せるので、各自ダウンロードしてください。 
参考文献  
成績評価方法 提出物(毎週の課題)とそれに基づいた授業内での発表:60%、リアクションペーパー:10%、学期末レポート:30%。

*提出が遅れた場合評価は×0.7となるので、できるだけ期限内に提出してください。

欠席は3回まで認めます(3回の欠席+1回の欠席で単位取得不可)。遅刻は3回で欠席1回の扱いとなり、30分以上の遅刻は欠席扱いとなります。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1イントロダクション
2グループワークを通して、課題の内容を正確に理解する
3精読、速読の訓練
4グループワークを通して、課題の内容を正確に理解する
5精読、速読の訓練
6グループワークを通して、課題の内容を正確に理解する
7精読、速読の訓練
8グループワークを通して、課題の内容を正確に理解する
9精読、速読の訓練
10グループワークを通して、課題の内容を正確に理解する
11精読、速読の訓練
12グループワークを通して、課題の内容を正確に理解する
13精読、速読の訓練
14期末課題の提出(オンデマンド)
15フィードバック(オンデマンド)
授業時間外における学習方法 予習を兼ねた課題が毎週出るので、必ずその課題を提出した上で授業に臨んでください。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的には対面で行う予定です(第14回、第15回を除く)。ただ、この授業は読解の授業ですが、グループでのディスカッションを積極的に行っています。そのため、履修者が多く、話し合いの際に距離がとれない場合は教室を変更して対応します。万が一教室が変更できない場合、または変更後も距離がとれない場合には、Zoomを使ったリアルタイムでの授業に変更します。

受講人数、教室変更の可否が分かり次第Webポータルを通じてご連絡しますので、定期的にチェックするようにしてください。 
その他 授業中にインターネットにつなぐことがありますので、毎授業パソコンを持参してください。Zoomを使う可能性もあるので、イヤホンも用意してください。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.