タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-英語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60600400 
科目名   英語科と異文化理解  
担当教員   阿部 始子  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S103    開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修教科・教職(専攻SE、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   133132 
ねらいと目標 この授業では異文化(相互文化的)コミュニケーションについて、批判的に考えを深め、英語教師としての資質を向上させることを目標とする。
The aim of this course is for students to become able to think critically about intercultural communication which will foster their growth as English language teachers.  
内容 上記の目標を達成するために、自分の異文化体験について振り返ったり、異文化(相互文化的)コミュニケーションに関する様々なテーマについて資料を基にディスカッションを行ったり、外国語の教科書にみる異文化の扱われ方を分析し、外国語の授業を通してどのように児童や生徒が異文化(相互文化的)コミュニケーション能力を向上させていけるかを考え模擬授業を行ったりする。基本的に英語で行う授業だが、履修生のレベルやニーズに合わせて調整を行う。
In order to achieve the above goal, students will be asked to reflect on their own intercultural experiences, to discuss various topics regarding intercultural communication, and to organize a lesson/an activity for primary or secondary students to be able to improve their intercultural communicative competence through English education based on the analysis of their English textbooks.
Note: This course will be conducted mostly in English but it may be modified to accommodate various levels and needs. 
テキスト Intercultural communication for English language learners in Japan (南雲堂) 
参考文献 Autobiography of Intercultural Encounters (AIE)
From foreign language education to education for intercultural citizenship (「相互文化的能力を育む外国語教育」大修館書店)
Teaching and Assessing Intercultural Communicative Competence: Revisited.
小学・中学・高校で使用されている外国語教科書(MEXT authorized English textbooks for primary and secondary education) 
学習指導要領 (Course of Study)この他、授業内で随時資料を配布する。Handouts will be provided in class. 
成績評価方法 ディスカッションへの貢献度(40%)、ライティング課題(40%)、模擬授業とその振り返り(20%)などを総合的に判断する。Contribution to discussions(40%), writing assignments(40%), as well as lesson demonstration and its reflection(20%) will be assessed for grading.  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1自分の異文化(相互文化的)体験を振り返る
What does "Intercultural Encounter" mean to you? (Autobiography of Intercultural Encounters: AIE)
2ディスカッション1:今日の世界の異文化コミュニケーション
Discussion 1: Intercultural communication in today's world
3ディスカッション2:異文化(相互文化的)コミュニケーションのための英語
Discussion 2: English for intercultural communication
4ディスカッション3:人間のコミュニケーションの重要な特徴
Discussion 3: Important features of human communication
5ディスカッション4:言語と思考
Discussion 4: Language and thought
6ディスカッション5:言語行為と文化
Discussion 5: Speech acts across cultures
7ディスカッション6:異文化コミュニケーションにおける文化調整
Discussion 6: Cultural accommodation in intercultural communication
8ディスカッション7:海外留学と異文化適応
Discussion 7: Study abroad and intercultural adaptation
9ディスカッション8:将来のための異文化能力
Discussion 8: Intercultural competence for the future
10ディスカッション9:外国語教育における異文化(相互文化的)コミュニケーション能力
Discussion 9: Intercultural communicative competence in foreign language education
11小学・中学・高校の外国語教科書分析
Analysis of MEXT authorized English textbooks for primary and secondary education
12グループによる模擬授業の準備
Planning a lesson in groups
13模擬授業1
Lesson demonstration 1
14模擬授業 2
Lesson demonstration 2
15AIEに基づく振り返り
Revising your AIE
授業時間外における学習方法 指定された課題に取り組んでから授業に臨むこと
Students will be expected to finish assigned work in advance of each class. 
授業のキーワード 異文化(相互文化的)コミュニケーション, 外国語教育
intercultural communication, foreign language education 
受講補足(履修制限等) A類英語選修、B類英語専攻の学生を対象とした授業だが、留学生も履修可。
Although this course is designed for pre-service primary and secondary school teachers majoring English, international students who are interested in the topic will be welcomed.  
学生へのメッセージ 外国語教育における異文化理解(異文化コミュニケーション能力を育成する必要性)について考えていきます。資料や履修生同士のディスカッションを通して皆さんの知識が深まると同時に、モノの見方や考え方の変換が起こることを期待しています。
You will be expected to critically think about intercultural understanding(importance of improving intercultural communicative competence) in foreign language education. I hope you will be able to deepen your knowledge as well as broaden your perspectives and/or modify your ways of thinking on the topic by reading the assigned materials and class discussions.  
実務経験のある教員による科目
The instructor has experiences of teaching at primary and secondary schools. 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 *来日していない留学生にはオンライン配信あり
In-person *On-line access is available for international students who are not able to come to Japan. 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.