タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-英語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60103440 
科目名   中等英語科教育法Ⅳ  
担当教員   高山 芳樹  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S402    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修自由選択、中等教育教員養成課程英語専攻中学校各教科指導法 
備考  対象:AB英語限定 
ナンバリング   123131 
ねらいと目標 本授業のねらいと目標は大きく2つある。1つ目は学習評価、特に言語能力の測定と評価(パフォーマンス評価等を含む)について理解し、指導に生かすことができるようになることである。2つ目は「中等英語科教育法Ⅲ」で学んだ高等学校での英語指導法の留意点に基づいた模擬授業演習を通して、高等学校における英語授業の実践力をさらに向上させることである。 
内容 1つ目のねらいと目標を達成させるために、テキストを活用しながら、テストの信頼性・妥当性・波及効果などの重要概念について学び、受講者が中学や高校で受けたテストを振り返り、その問題点や改善すべき点について議論を行う。また実際にテスト作成やパフォーマンステスト・評価の演習を行う。
2つ目のねらいと目標を達成させるために、高等学校の検定教科書を用いたグループによる模擬授業演習を行い、模擬授業映像を視聴し、如何にして英語授業の実践力を向上させることができるかを議論する。 
テキスト 『英語テスト作成の達人マニュアル』靜哲人著 大修館書店 
参考文献 『実例でわかる英語テスト作成ガイド』小泉理恵・印南洋・深澤真(編)大修館書店
『中学校学習指導要領解説 外国語編』(平成29年3月)文部科学省
『高等学校学習指導要領解説 外国語編・英語編』(平成30年7月)文部科学省
『英語授業ハンドブック<高校編>DVD付』金谷憲(編集代表) 大修館書店 
成績評価方法 授業への参加状況(40%)、模擬授業(30%)課題の遂行(30%)を総合的に評価する。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション、中・高等学校での学習評価・テストを振り返る
2英語テストを論ずるための基礎概念(1):妥当性・信頼性
3英語テストを論ずるための基礎概念(2):実用性・波及効果
4英文和訳テストの是非と代替テスト作成演習
5作成したテストを用いたグループワーク、総合問題の是非
6小テストの作成
7定期テストの作成(実際の中高の定期テストから学ぶ)
8パフォーマンス・テストと評価
9観点別学習状況の評価、評価規準の設定や評定への総括
10模擬授業の準備(教材研究、学習指導案作成)
11模擬授業の実施(1):ICT・情報機器を活用した言語材料の導入
12模擬授業の実施(2):ICT・情報機器を活用した題材の導入
13模擬授業の実施(3):領域統合型の言語活動
14模擬授業の実施(4):論理・表現力の向上を目指すスピーキング指導
15模擬授業の実施(5):論理・表現力の向上を目指すライティング指導
授業時間外における学習方法 テキストの指定された箇所を事前に読んだ上で授業に臨むこと。
また、高校で高度な言語活動を含む英語指導を行うためには、授業外においても日々英語運用能力向上のための学習を行うことが必須である。 
授業のキーワード アクティブ・ラーニング、ディスカッション 
受講補足(履修制限等) 「中等英語科教育法I」「中等英語科教育法Ⅱ」「中等英語科教育法Ⅲ」が履修済みであることを前提に授業を行う。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で行う。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.