タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-英語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60103410 
科目名   中等英語科教育法Ⅰ  
担当教員   馬場 哲生  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S201    開講学期   春学期  
曜日・時限   木4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修自由選択、中等教育教員養成課程英語専攻中学校各教科指導法 
備考  対象:AB英語限定 
ナンバリング   122131 
ねらいと目標 (1) 学習指導要領における外国語教育の目標と指導内容について学ぶ。
(2) 中学校における英語教育について,言語材料(文法事項)の指導を中心に,英語指導法に関する基礎知識を得る。
(3) 授業者による実演,ビデオの視聴,そして受講者による模擬授業を通して,さまざまな指導技術や活動を体験するともに,それぞれの役割や特徴を考察する。 
内容 (1) 指導法に関する講義を行う。
(2) 指導法のワークショップ(授業者による実演)を行う。
(3) 授業を収録した映像を視聴し,討論する。
(4) 受講生による模擬授業を行う。
(5) 指導法・学習法に関して討論を行う。 
テキスト 特になし。 
参考文献 『中学校学習指導要領解説 外国語編』(平成29年3月 文部科学省)
『高等学校学習指導要領解説 外国語編・英語編』(平成30年7月)文部科学省
『英語授業ハンドブック 中学校編 DVD付』金谷憲(編集代表)大修館書店
『「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料 中学校 外国語』国立教育政策研究所教育課程研究センター(編)東洋館出版社 
成績評価方法 授業へ参加状況(40%)、模擬授業(30%),課題の遂行(30%)を総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 第1回: オリエンテーション/中・高等学校外国語(英語)学習指導要領 概要
第2回: 中学校外国語(英語)の学習指導要領 解説
小・中・高等学校を通した英語教育の在り方
第3回: 中学校外国語(英語)の検定教科書/学習目標の設定と指導計画
第4回: 中学校における発音指導
第5回: 中学校における文法指導
第6回: 中学校における教材及びICT・情報機器の活用
第7回: ティーム・ティーチング/生徒の特性・習熟度に応じた指導
第8回: 学習到達目標に基づく授業の組み立てと学習指導案の作成
第9回: 中学校英語授業の観察(映像の視聴,分析,討論)
第10回: 模擬授業の準備(グループ・ディスカッション)
第11回: 模擬授業(1)中学校1年生前半の言語材料
第12回: 模擬授業(2)中学校1年生後半の言語材料
第13回: 模擬授業(3)中学校2年生前半の言語材料
第14回: 模擬授業(4)中学校2年生後半の言語材料
第15回: 模擬授業(5)中学校3年生の言語材料  
授業時間外における学習方法 ・授業で紹介する参考文献等を各自で読んでおくこと。
・図書館で教科書を閲覧して教材研究をすること。
・英語教育に関係する研究会等に積極的に参加すること。 
授業のキーワード 学習指導要領,中学校,言語材料,文法指導,指導案,模擬授業 
受講補足(履修制限等) ・B類英語専攻及びA類英語選修の学生を対象とする。
・B類英語専攻及びA類英語選修以外の学生の履修は認めない。別に開講されている授業を履修すること。
・1年生の履修は認めない。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.