タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-英語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60101800 
科目名   初等英語科教育法  
担当教員   白土 厚子  
対象学年   2年   クラス   55  
講義室   S303    開講学期   春学期  
曜日・時限   火5   単位区分   必修  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小学校各教科指導法、初等教育教員養成課程社会選修小学校各教科指導法 
備考  対象:A社会 A20-0141~ Aもの 
ナンバリング   126134 
ねらいと目標 平成29年3月に告示された新学習指導要領で新設された小学校3・4年生の外国語活動、5・6年生の外国語科の授業を行うための基本的な指導力を身に付ける。新学習指導要領に謳われている理念及び児童期の第二言語習得を深く理解した上で、①授業づくりの方法、②実際の基本的な指導技術を身に付けることを目標とする。
外部人材とのティームティーチングなど、外国語活動・外国語科特有の指導環境の中で、担任としてどのように関わりどのような役割を果たすことが望まれているか、深く理解する。 
内容 新学習指導要領に謳われている理念及び児童期の第二言語習得を深く理解した上で、実際の授業場面の映像視聴、学生を児童に見立てての実践や教材・教具の紹介を行う。特に音声が重要な部分を占める小学校においては、音声インプットの質と量の確保が必要であり、そのための音声教材についての知識や指導技術を実践的に身に付ける。ペア・グループ・全体での多様な規模の模擬授業を行い、基礎的な指導技術を身に付ける。 
テキスト 指定しない。授業前や授業内で随時、内容理解を深めるための資料を配布する。 
参考文献 小学校学習指導要領(平成29年3月告知、文部科学省)
小学校学習指導要領解説外国語活動編・外国語編(平成29年3月、文部科学省)
中学校学習指導要領解説外国語編(平成29年3月、文部科学省) 
成績評価方法 実践練習・模擬授業・ディスカッション・通常の課題への取り組み、及び学期末の課題などを総合的に判断する。
(詳細は授業で説明する。) 
授業スケジュール(展開計画) 第1回:オリエンテーション・外国語教育導入の経緯・現状、学習指導要領
第2回:小・中・高連携、児童・学校の多様性への対応、主教材
第3回:子どもの第二言語習得の特徴:言語使用、類推、音声面、実践練習①
第4回:子どもの第二言語習得の特徴:意味のあるやり取り、4技能のとらえ方、言葉への気づき、実践練習②
第5回:授業視聴とディスカッション
第6回:英語で語りかけ方、実践練習③
第7回:発話の引き出し方、児童とのやり取り、実践練習④
第8回:文字言語の与え方、読む活動・書く活動への導き方、実践練習⑤
第9回:年間指導計画・単元計画・学習指導案、模擬授業準備➀
第10回:学習状況の評価、ティームティーチングによる指導の在り方、実践練習⑥、模擬授業準備②
第11回:題材の選定、教材研究、ICT教材・情報機器の活用、模擬授業準備③
第12回:模擬授業(1)とディスカッション
第13回:模擬授業(2)とディスカッション
第14回:模擬授業(3)とディスカッション
第15回:総合的な振り返り及びまとめ  
授業時間外における学習方法 授業前には、授業資料を確認し、疑問点を整理して、授業で疑問点を解決できるよう準備する。
授業後には、授業内容について参考資料に挙げた小学校学習指導要領解説等ではどのように示されているか調べ、理解を深める。また、模擬授業は時間外にもしっかり準備をして臨む。 
授業のキーワード ティームティーチング、ディスカッション、グループ学習、学習指導要領、ICT活用 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 新しい小学校外国語活動・外国語科の授業が始まっています。まずは児童として授業を体験し、その後で実践練習、模擬授業を通して段階的に教師として「授業づくり」に挑戦します。自分で授業をつくる経験を通して、講義を聞いているだけではわからない苦労や喜びが味わえると思います。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で行います。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.