タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-英語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60030200 
科目名   英語コミュニケーションB  
担当教員   八木 孝夫  
対象学年   1年   クラス   71  
講義室   N106    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校教育選修語学領域:必修、初等教育教員養成課程学校心理選修語学領域:必修 
備考  対象:A学教/学心 
ナンバリング   111132 
ねらいと目標 英語で情報を得、英語で発信する実践的コミュニケーション能力を養う。特に、英文を作るための語彙力及び聞き取り能力の強化に重点を置く。 
内容 教科書の総合教材により、英語の4技能を伸ばす。
特に、各課のエッセーに含まれている有用な表現を身につけられるよう、教科書に用意されている練習問題以外にも各種の課題をこなす。 
テキスト Jim Knudsen, Practical Psychology (『生活に役立つ実践心理』), 南雲堂. 本体1700円. 
参考文献  
成績評価方法 復習テストの成績及び各種課題の出来を総合的に判断して評価する。提出物は締め切り厳守。模範解答を参照して答案を自己点検して再提出してもらいますが、直しが不正確だと成績に大きく影響します。 
授業スケジュール(展開計画) 各課に関し、5種類の課題を出します。おおよそ、2週間で1課という割合で進んでいきます。
課題I. 教科書にあるexercisesをやります(一部、変更、追加あり)。
課題II. 主として英文の意味や語法・文法理解のための問題です。
課題III. 英作文の問題です。教科書のessay内の表現を使います。
課題IV. 教科書のChallenge 2を利用した聞き取りの問題です。

以上、いずれの課題も、提出後、解答例を配布するので、自己点検して直すべきところは赤字で直したものを再提出してもらいます。

課題 V. 復習問題。当該の課の内容がどの程度身に付いたかを測るための、単純な語彙の穴埋めとessay中の文の聞き取り問題です。教科書を見れば正解が分かるので、自己採点した上で提出してもらいます。

さらに、2課進むごとに短い復習テスト(英作文)を行います。
 
授業時間外における学習方法 教科書付属のCDの音声を手本に、本文をなめらかに読めるようになるまで何度も音読することが重要。さらに、本を見ないで、聞くだけで意味が理解できるようになることを目指す。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 目標意識があれば遠くまで行けます。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 未定。 
その他 授業にとって質疑応答はとても重要です。遠隔の場合は掲示板を積極的に利用して下さい。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.