タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60505200 
科目名   日本語教育応用研究  
担当教員   北澤 尚  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   研究室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   木2   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻選択科目A、初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133122 
ねらいと目標 三年次春学期までに学んだ日本語表現を調査・分析・考察するための基本的な方法論に基づいて、自分自身の研究テーマについて深く掘り下げて考えていくための実践力を身につける。 
内容 大学生として卒業論文を作成するための授業である。この授業は演習科目であり、履修者は自分自身の研究テーマを決めて発表し、さらにその後のディスカッションを通して自らの考えを深め、最終的には卒論のデザインをまとめることが求められる。具体的な内容は下記の「授業スケジュール」を参照すること。 
テキスト 上野千鶴子(2018)『情報生産者になる』ちくま新書 
参考文献 履修者の研究テーマに応じて別途指示する。 
成績評価方法 平常点評価(演習の討議への意欲的な参加)30%、口頭発表30%、学期末レポート40%。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2各自の研究テーマと調査分析の方法
3中間発表①
4中間発表②
5中間発表③
6中間発表④
7卒論・レポートの作成法に関する諸注意
8卒論・レポートの文章構成
9データの収集結果と分析方法について学ぶ①
10データの収集結果と分析方法について学ぶ②
11最終発表用資料の添削と指導
12最終発表とディスカッション①
13最終発表とディスカッション②
14最終発表とディスカッション③
15最終発表とディスカッション④ まとめ
授業時間外における学習方法 履修者自身が自らの興味関心に基づいて日本語に関する研究テーマを選定し、調査分析を行い、口頭発表とレポートの作成を行う授業なので、毎週、研究テーマに関する進捗状況を確認し、それに応じた課題を出すことになる。 
授業のキーワード アカデミック・ライティング 口頭発表 文章構成法 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他 授業スケジュールについては、履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.