タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60505100 
科目名   日本語教育基礎研究  
担当教員   小西 円  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S101    開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻選択科目A、初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133122 
ねらいと目標 日本語教育分野において言語に軸足を置いた研究を実践するための基礎的な力を養う。 
内容 (1)日本語教育分野における研究の全体像の把握につとめる。また、言語に軸足をおいた研究の位置づけを知り、自身の問題意識を深める。
(2)ディスカッションや内省を経て、自身の興味のあるテーマを浮かび上がらせる。また、そのテーマを全体像の中で位置づける。
(3)文献講読を行い、論文の構成の基礎を学ぶ。
(4)テーマに合致した研究の手法を知る。
(5)研究をスタートし、ディスカッションを経ながら改良していく。
(6)レジュメ、パワーポイントを用いた発表スキルを身につける。
必要に応じて、内容、進度を変更する場合がある。 
テキスト 随時、参考図書を紹介する。 
参考文献  
成績評価方法 授業への参加態度とディスカッション(20%)、授業時の課題への取り組み(30%)、研究の着想発表と最終発表(50%) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション 先行研究案内
2研究領域の全体像を知る
3先行研究の調べ方と文献講読の方法
4文献講読とディスカッション(1)
5文献講読とディスカッション(2)
6文献講読とディスカッション(3)
7研究の着想発表とディスカッション(1)
8研究の着想発表とディスカッション(2)
9研究の着想発表とディスカッション(3)
10研究手法について:量的研究と質的研究
11研究手法について:テーマと手法
12研究倫理とデータの取り扱い
13最終発表会とディスカッション(1)
14最終発表会とディスカッション(2)
15最終発表会とディスカッション(3)
授業時間外における学習方法 文献講読、データ分析、発表準備等が授業外における学習活動となる。 
授業のキーワード 日本語教育 言語研究 ディスカッション 発表会 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面で行う予定であるが、受講学生と相談しながら決定する 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.