タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60505000 
科目名   国語科教育応用研究  
担当教員   中村 和弘  
対象学年   3年   クラス   53  
講義室   N107    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻選択科目A、初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133122 
ねらいと目標 国語科教育研究の内容や方法についての理解をさらに深め、卒業論文の執筆に向けて自身の研究を本格的にスタートさせることをねらいとする。 
内容 「基礎研究」で取り組んだ「プレ研究」のレポートを持ち寄り、その成果を発表したり討議したりする。また、卒業論文の執筆に向けて、研究テーマを定めるとともに研究計画書を作成し、調査などをスタートさせる。 
テキスト 特に定めない 
参考文献 森田信義・山元隆春・山元悦子・千々岩弘一『新訂 国語科教育学の基礎』渓水社、2011年。
倉澤栄吉・野地潤家監修『朝倉国語教育講座全6巻』朝倉書店、2005年~2006年。
他にも、各自のテーマに合わせて、適宜、紹介する。 
成績評価方法 出席、発表、討議の内容などを総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 第1回 オリエンテーション
第2回~第5回 少人数で、「プレ研究」レポートの成果報告と討議を行う。
第6回~第9回 研究テーマや研究の内容・方法について、グループごとに相談・検討を行い、計画書を作成する。 
第10回~第14回 研究計画書について、全員で発表と討議を行う。
第15回 講義のまとめ  
授業時間外における学習方法 研究計画書を作っていくために、時間外にも図書館などで興味にある領域の本や論文をさらに探して読んでください。 
授業のキーワード 研究室でのグループ検討会、研究テーマ、春休みレポート 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 卒論の研究テーマを定めて、本格的な取り組みをスタートさせます。進め方などは個別でも相談に応じますので、オフィスアワーなどを活用してください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則として、対面形式で行います。詳しくは第1回の授業で説明します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.