タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60504700 
科目名   中国古典学基礎研究  
担当教員   佐藤 正光  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   研究室     開講学期   春学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻選択科目A、初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133122 
ねらいと目標  中国古典学(文学・思想・歴史)に関して、まず中国の歴史をたどりながら、文化史上の重要事項や時代ごとの研究の状況について認識する。これにより中国の文化の概観を把握し、中国古典を研究するための基礎知識を身につけることを目標とする。 
内容 中国の歴史を「中国文化史年表」(小川・西田・赤塚編『新字源』角川書店、付録)によって、これに解説を加えながらたどる。その際、質疑応答をしながら理解を深めてゆく。 
テキスト 「中国文化史年表」(小川・西田・赤塚編『新字源』角川書店、付録) 
参考文献 倉石武四郎『中国目録学』(東京大学出版会2003)、井波陵一著『知の座標ー中国目録学』(白帝社2003)、前野直彬著『中国文学序説』(東京大学出版会1982)、前野直彬編『中国文学史』(東京大学出版会1975) 
成績評価方法 出席30%、授業中の評価(態度・質疑応答・予習復習)40%、レポート評価30% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業の方法、内容、評価方法の説明。中国古典学の特徴、研究状況の概説。(主として講義)
2中国文化史 先史~後漢 (解説と質疑応答)
3中国文化史 先史~後漢 (解説と質疑応答)
4中国文化史 魏晋南北朝(解説と質疑応答)
5中国文化史 魏晋南北朝(解説と質疑応答)
6中国文化史 隋・唐・五代(解説と質疑応答)
7中国文化史 隋・唐・五代(解説と質疑応答)
8中国文化史 授業の振りかえり、前半のまとめ
9中国文化史 宋・元(解説と質疑応答)
10中国文化史 宋・元(解説と質疑応答)
11中国文化史 明・清(解説と質疑応答)
12中国文化史 明・清(解説と質疑応答)
13中国文化史 近代(解説と質疑応答)
14中国文化史 近代(解説と質疑応答)
15中国文化史 現代、レポート提出
授業時間外における学習方法 テキストとする「中国文化史年表」を事前によく読み、固有名詞(人名・地名・事項等)をあらかじめ辞書等で調べておく。また紹介された書物や資料については、所在や内容を図書館、ネット等で確認する。 
授業のキーワード 中国、中国文化、中国思想、中国史、中国文学、目録学、書誌学、文献学 
受講補足(履修制限等) 特になし
 
学生へのメッセージ 特になし 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式。 
その他 特になし 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.