タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60504700 
科目名   中国古典学基礎研究  
担当教員   長谷川 真史  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   研究室     開講学期   春学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻選択科目A、初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133122 
ねらいと目標 卒業論文執筆に向けて、大まかな研究テーマを設定、具体的な研究方法と進行計画をイメージし、研究の端緒を得る。また、中国古典文学の研究に必要な基礎的なレファレンス能力(本文、テキスト、注釈、訓読、翻訳、字義解釈、用例)を習得する。 
内容 中国古典文学の研究法について、先行研究を批判的に分析する(論文批評)。
研究に必要な資料を実際に集め、批判的に分析・整理する。(レファレンス講座) 
テキスト 初回に配布する。 
参考文献 授業中に適宜配布する。 
成績評価方法 出席30%、中間レポート20%、最終レポート50%  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1初回ガイダンス:論分執筆の「骨」をつかむ
卒論執筆のロードマップ――「問い」の獲得に向けて
2先行研究の批判的分析(論文批評)
論文テーマの主眼をどこに置くか――ヒト・モノ・ホン
3論文批評・ヒト編
――作者研究、あるいは文学史研究
4論文批評・モノ編
――普遍的テーマの追究
5論文批評・ホン編
――読み継がれるもの、版本と本文の研究
6論文批評・応用編
――研究史の研究、よく名前を聞くあの先生は何がエラいのか?
7論文批評まとめ
――「興味・関心」から「問い」へ
8中間報告
9中国古典レファレンス講座ガイダンス
――中国古典研究に必要な資料と工具書
10中国古典レファレンス講座基礎1
――原文資料とテキストクリティーク
11中国古典レファレンス講座基礎2
――翻訳と注釈
12中国古典レファレンス講座基礎3
――論文と研究書
13中国古典レファレンス講座応用1
――収集と整理、閲覧の可否
14中国古典レファレンス講座応用2
――「おうちで研究」座右の書
15最終報告
授業時間外における学習方法 受講者は毎回テーマとなる論文、書籍についてまとめたレジュメを作成する。レジュメ作成にあたり必要な情報を調査し、入念に発表の準備をすること。(詳細な調査方法については第一回に説明する)  
授業のキーワード 中国古典文学、テキスト、版本、注釈、用例、訓読、翻訳、解釈 
受講補足(履修制限等) やむをえない事情で欠席する場合は事前か事後に必ず報告する。事故、病気などやむを得ない事情は考慮する。 
学生へのメッセージ 授業スケジュールはあくまで予定です。
テーマ設定の進捗によっては予定を変更する可能性もあります。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面 
その他 オフィスアワーにはオンラインでの相談を受け付ける。ただし、2、3日前までにメールで予約(アポイント)を取るように。対面での相談の場合は、日程を決めて研究室で質問を受け付ける。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.