タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60504600 
科目名   近代文学応用研究  
担当教員   大井田 義彰  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   研究室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻選択科目A、初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133122 
ねらいと目標 日本の近現代文学を研究対象にする卒業論文を作成するための手順や方法を学び、実際に執筆してみる。 
内容 先行研究の講読や演習形式での発表等を通じて明治以降の日本文学の特色を把握し、読解と研究の応用法を学ぶ。 
テキスト 授業時間内に指示する。 
参考文献 授業時間内に指示する。 
成績評価方法 出席数にレポートや授業時間内での発言等を加味して総合的に判断するが、詳細は最初の授業時に示す。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション(授業方針・発表日程調整等)
2近代文学研究の歴史の再確認
3近代文学研究の応用法1
4近代文学研究の応用法2
5先行研究の再検討1
6先行研究の再検討2
7受講者による研究発表1
8受講者による研究発表2
9受講者による研究発表3
10受講者による研究発表4
11受講者による研究発表5
12受講者による研究発表6
13受講者による研究発表7
14各研究発表の総合検討8
15まとめ・予備日
授業時間外における学習方法 授業で扱うテキストをその都度きちんと読み込んできて、必ず意見や感想等を述べられるようにしておくこと。 
授業のキーワード 近現代文学 文学研究 批評理論 メディア教育 論文執筆 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 積極的に発言してほしい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面授業を予定しているが、状況次第で遠隔も皆無ではない。 
その他 受講者全員に口頭発表とレポート(5000字以上の論文等)を課す。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.