タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60504400 
科目名   古典文学応用研究  
担当教員   湯浅 佳子  
対象学年   3年   クラス   53  
講義室   研究室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻選択科目A、初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133122 
ねらいと目標 春学期の授業を踏まえ、卒業論文執筆へ向けて研究をさらに進める。資料の収集、データの整理、先行研究の確認を継続して行う。研究テーマに基づきながら作品の読みを深めていく。 
内容 各自の研究テーマに沿って発表を行います。資料を作成し、研究成果を報告します。 
テキスト 授業時に指示します。 
参考文献 授業時に指示します。 
成績評価方法 授業への積極的な参加、発表内容、発表方法。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス 発表担当者と内容の決定。
2第一回発表(全員発表と意見交換)
3第二回発表(全員発表と意見交換)
4第三回発表(全員発表と意見交換)
5第三回発表(全員発表と意見交換)
6第四回発表(2人発表と意見交換)
7第五回発表(2人発表と意見交換)
8第六回発表(1人発表と意見交換、中間のまとめと講義)
9第七回発表(1人発表と意見交換)
10第八回発表(1人発表と意見交換)
11第九回発表(1人発表と意見交換)
12第十回発表(1人発表と意見交換)
13第十一回(1人発表と意見交換)
14講義(各自の研究に関する内容の講義)
15まとめ
授業時間外における学習方法 各自が研究テーマに沿って附属図書館等を利用して調査・作業を進める。
発表者は事前に資料を作成する。 
授業のキーワード 日本文学 国語教育 古典文学 古典教育 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ この学期に研究テーマを決定させることが理想ですが、慌てる必要はなく、模索を続け、世界を広めてください。ネット情報や附属図書館、国文学研究資料館等を大いに利用してください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面(一部オンライン) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.