タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60502500 
科目名   近代文学演習A  
担当教員   大井田 義彰  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月2   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻選択科目、中等教育教員養成課程国語専攻選択科目A、初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132122 
ねらいと目標 近代小説を分析・研究するための手順や方法を学ぶ。また、小説を読む楽しさを味わい、社会や人間についての洞察力を深める。 
内容 近代日本文学の揺籃期を代表する2人の作家、すなわち、樋口一葉と国木田独歩の小説を読んで、受講者各自が単独またはグループで調査や考察したことを発表し、その発表内容を土台として皆で討議・検討を重ね、新たな《読み》の可能性を探る。 
テキスト 樋口一葉『にごりえ・たけくらべ』(新潮文庫 407円)、国木田独歩『武蔵野』(新潮文庫 572円)・『牛肉と馬鈴薯・酒中日記』(同 605円)ほか。
 
参考文献 授業時間の中でその都度指示する。 
成績評価方法 学期末課題(研究論文)と口頭発表及び質疑応答の内容を総合的に勘案して判断する。また、出席回数も重視する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション(授業方針・発表日程調整等)
2文学研究の目的・方法等に関する講義
3樋口一葉と国木田独歩についての講義
4受講者による一葉作品に関する発表1 
5受講者による一葉作品に関する発表2
6受講者による一葉作品に関する発表3
7受講者による一葉作品に関する発表4
8受講者による一葉作品に関する発表5
9受講者による独歩作品に関する発表1
10受講者による独歩作品に関する発表2
11受講者による独歩作品に関する発表3
12受講者による独歩作品に関する発表4
13受講者による独歩作品に関する発表5
14受講者による独歩作品に絙する発表6
15まとめ・予備日
授業時間外における学習方法 授業で扱うテキストをその都度きちんと読み込んできて、必ず意見や感想等を述べられるようにしておくこと。 
授業のキーワード 文学研究 近現代小説 メディア教育 明治時代 テクスト論   
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 何より小説を深く読み込む面白さを味わってほしい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) ZOOMを使った遠隔授業を予定している。 
その他 受講者全員に最低1回の口頭発表と学期末課題(5000字程度の論文)を課す。また、授業時には積極的発言を求める。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.