タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60502200 
科目名   古典文学演習B  
担当教員   斉藤 昭子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S207    開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132122 
ねらいと目標 『竹取物語』『枕草子』『百人一首』(『万葉集』・『古今和歌集』・『新古今和歌集』を含む)を読解する。これらの古典散文・和歌について、先行研究、参考資料を的確に参照し、考察する力を養う。グループ(または個人)発表により演習形式に必要な力を身につける。小学校国語教材の定番でもあるこれらの作品への理解を深めながら、授業でのアプローチの仕方、目指す学力について考えを深める。 
内容 『竹取物語』『枕草子』『百人一首』についてそれぞれ必要な知識を整理する。それぞれ分担し、内容について考察・分析し、グループ(個人)発表をする。ディスカッションでは授業での扱いについても考察していく。 
テキスト 特に指定はしない。授業中に必要な資料を配付する。 
参考文献 新編日本古典文学全集、角川ソフィア文庫ほか、多くの参考資料がある。各作品の本文により多く触れるのが望ましい。授業中に紹介する。 
成績評価方法 発表の内容とディスカッション(50%)、授業の前後に行うワークシート(50%)によって判断する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス(発表の仕方など)グループ分け 『竹取物語』についての解説、探究
2『竹取物語』『枕草子』についての解説、探究
3グループ発表、討論 解説
4グループ発表、討論 解説
5グループ発表、討論 解説
6グループ発表、討論 解説
7グループ発表、討論 解説
8『百人一首』(『万葉集』・『古今和歌集』・『新古今和歌集』)についての解説、探究
9グループ発表、討論 解説
10グループ発表、討論 解説
11グループ発表、討論 解説
12グループ発表、討論 解説
13グループ発表、討論 解説
14グループ発表、討論 解説
15まとめ
授業時間外における学習方法 授業で扱った知識を整理し、復習する。示された参考書籍などで内容を深める。
授業中に配付された資料などを用いて、次回扱う内容について教材研究をする。授業で扱う場合の素案を立てておく。 
授業のキーワード 古典文学 国語教材 アクティブ・ラーニング ディスカッション グループ学習 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ グループやペアでの活動では自分に何ができるのかを考え、自分の力を生かして貢献するようにします。
調べる力をつけ、深く探究しましょう。どのように授業に展開するかについても共に考えましょう。

分からないことがあればサポートする仕組みがありますので、臆せず取り組んで下さい。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔(ライブ配信) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.