タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60501600 
科目名   日本語学演習A  
担当教員   白勢 彩子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻選択科目、中等教育教員養成課程国語専攻選択科目A、初等教育教員養成課程国語選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132122 
ねらいと目標 現代日本語の表記と発音の関係,特徴について,受講者の主体的な活動を通して実証的に学び取ることを目標とする。各自のデータ分析を中心とした活動を行うことで日本語の特徴を把握するとともに,データ分析における処理の実技と客観的視点を養うことをねらいとする。
 
内容 現代日本語の発音と表記に関連した言語規則や言語変化について,主にウェブ上のデジタル資料(データベース)を用い,先行研究と比較して内容をまとめて発表し,議論する。グループワークではなく,個人ごとの活動による。課題に関する先行研究も含め、調査、分析を進める。成果を発表し、意見交換を行う。具体的な調査内容や調査手順については,教員から指示し解説する。詳細は別途,案内する。 
テキスト なし 
参考文献 教場にて指示する。 
成績評価方法 発表40点、授業への参加態度(出席,発言,課題の提出状況を含む)30点、期末レポート30点
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
授業のねらい,進め方について
2表記と発音の概説
3データ処理について
4データの共有,発表の形式について
5発表内容の相談
6研究発表1
7研究発表2
8研究発表3
9研究発表4
10研究発表5
11研究発表6
12研究発表7
13研究発表8
14研究発表9
15総合討論
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 毎時,レポート課題を出します。受講人数により,授業スケジュールは前後することがあります。 
学生へのメッセージ データベースを各自でダウンロードし,コマンドラインを用いてデータ処理をします。強固な情報処理スキルは求めませんが,ある程度のスキルが必要な授業です。パソコンが苦手な方は,高校までの情報の内容,1年春学期の「情報」の内容を復習しておくなど,事前の準備をお願いします。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式により実施する。WebClassとTeams,動画配信(Stream,Sway)を用いる。主に,WebClassは授業資料や授業動画のURL等の掲示,Teamsは発表時の議論など双方向の通信として使い分ける。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.