タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60501200 
科目名   中国古典文基礎  
担当教員   長谷川 真史  
対象学年   1年   クラス   52  
講義室   C204    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻必修科目、初等教育教員養成課程国語選修必修科目、中等教育教員養成課程国語専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   131121 
ねらいと目標 中国古典文(詩・韻文・散文、日本漢文を含む)の語法を知り、読解能力を高めることを目標とする。これからの学習指導要領で求められる深い学びのために、教師にはより広く深い知識が必要となる。漢文は小学校でも扱う、どの学校種の教師になったとしても原文に当たっておじけずに読み込むことができるようになることが狙いである。  
内容 中国古典の文章から文学、歴史、思想の作品を題材として、原文とその注釈を読解しながら、漢字・漢語・語法・修辞などに関する基礎的な事柄を確認する。方法としては、各自が事前に作品を予習し、授業の際に各自の読解を示して、他の学生とともに正しいかどうか議論する。その正誤を確認しながら、必要に応じて説明を加える。 
テキスト プリントを配布する。 
参考文献 『大漢和辞典』(大修館書店)、『学研漢和大字典』(学習研究社)は図書館で利用。所持用としては『新字源』(角川書店)、『漢字源』(学習研究社)、『漢字海』(三省堂)以外は勧めない。電子辞書も可。 
成績評価方法 期末試験(60%) 小テスト、レポート(30%) 授業の出席、意欲(10%)  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業内容の説明。詩の規則についての解説。例題の解読。
2詩の読解1
3詩の読解2
4詩の読解3
5詩の読解4
6歴史文の読解1
7歴史文の読解2
8歴史文の読解3
9歴史文の読解4
10思想文の読解1
11思想文の読解2
12思想文の読解3
13思想文の読解4
14重要事項のまとめ、試験
15試験の解答、全体のまとめ
授業時間外における学習方法 【必須】①難解な語句は必ず辞書で調べる。手元の辞書で見つからない場合、『大漢和辞典』で調べる。「索引」と「語彙索引」とがあり、よみで調べることができる。②人名、地名など固有名詞はインターネットなどでもよいので確認する。③訓読する。(意味がわからなくてもよい)
【可能なら】①現代語訳する。②内容について考察する。 
授業のキーワード 中国文学、漢文、文章読解、漢文法、語法 
受講補足(履修制限等) 本講義はオンライン型式で行う。なお、対面での授業を希望する者は佐藤担当の「中国古典文基礎」に登録の上、受講すること。また、佐藤担当の「中国古典文基礎」(対面型式)について、通学が難しく受講が困難な場合、長谷川担当「中国古典文基礎」を登録の上、受講してもよい。
出席を重視する。やむをえない事情で欠席する場合は事前か事後に必ず報告する。事故、病気などやむを得ない事情については考慮する。 
学生へのメッセージ 必ず予習をすること。レベルは徐々に上げてゆくので、わからないことは遠慮なく聞いてください。途中でサボるとついてゆけなくなるので注意すること。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔(オンライン)。ZOOMを使用して、リアルタイム配信型の授業を行う。
ZOOMのURL、授業に使用する資料はwebclass上に掲載するので、随時チェックすること。
レポート提出もwebclass上で行う。出席確認はwebclassとZOOM上で二重に確認する。
(ZOOMをインストールしていない人は、初回までにインストールしておいてください。)  
その他 オフィースアワーにはオンラインでの相談を受け付ける。ただし、2、3日前までにメールで予約(アポイント)を取るように。対面での相談の場合は、日程を決めて研究室で質問を受け付ける。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.