タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60501100 
科目名   日本文学概論Ⅱ  
担当教員   黒石 陽子  
対象学年   1年   クラス   52  
講義室   C301    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース選択科目B、中等教育教員養成課程書道専攻必修科目、中等教育教員養成課程国語専攻必修科目 
備考  対象:B国語/書道 E表現 
ナンバリング   131121 
ねらいと目標 日本の古典文学を概観し、時代ごとの特色やジャンル、継承と変容、それらが生み出された背景、それぞれの表現が持つ特色等について考察し、日本の古典文学の全体像について考えを持つことができることを目標とする。 
内容 古代から近世にかけての作品を対象として、表現の特色や作品の背景に流れる精神、それらが生み出された状況に着目して考察する。
授業中では参考資料を中心に各時代の古典文学の特色について教員が講義するとともに、授業の参加者自身はそれを踏まえてどのように考えるかを時にグループワークなども交えて検討し、それらを適宜小レポートにまとめる活動を行う。 
テキスト 授業時に指示する。 
参考文献 授業の中で適宜紹介する。 
成績評価方法 毎回授業についての小レポートの提出を求める。最後に期末のレポートの作成提出。それらを総合的に判断して評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 古代から近世にかけてを15回に分けて扱う。それぞれの時代についてかける時間については、授業の進行の状況により変化する。  
授業時間外における学習方法 毎回の課題に取り組む。
 
授業のキーワード 語り物 中世文学 近世文学 軍記 伝承 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.