タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60501100 
科目名   日本文学概論Ⅱ  
担当教員   斉藤 昭子  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S310    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程国語選修必修科目 
備考  対象:A国語 
ナンバリング   131121 
ねらいと目標 ・かな物語文学の成立と言説史的展開を説明できる。
・物語のさまざまな分析の仕方を習得し、日本古典文学についてその特質を説明できる。
・物語の場面を読むことと理論的に考えることを往復しながら、書かれたものを読むことへの応用力を身につける。
・古文テクストに親しみ、辞書や参考資料を用いながら自分で読み、授業作りに生かすことできる。
・文学に関する多面的な理解に基づき、各自の関心から適切な問題を設定し、論じることができる。 
内容 ・竹取物語や伊勢物語など、平安時代に開花した散文かな文学の特質を理解しながら日本文学、文化への考えを深める。
・古典テクストへのアプローチの仕方を身につけることを通して、文化の形作られ方を考える
・古典文学の内容・特質を理解し、古典テクストと学力の関わりを考える。
・さまざまな補助線を用いながら自分で直接古文にあたることで、古典文学を読解する力をつける。 
テキスト 特に指定しない。資料を授業中に配布する。 
参考文献 新編日本古典文学全集等を用いて、物語・日記など古文の本文に多く触れてください。 
成績評価方法 筆記試験または期末レポート(70%)、平常点(発言・授業内の課題:30%)の内容から総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス:物語へのアプローチの基礎 物語文学の流れ
2仮名、文字文化が生まれるまで
3『竹取物語』概説 「かなで書く」ことの成立
4『伊勢物語』概説 歌物語の成立
5『伊勢物語』の語り 歌と語り
6土佐日記と古今和歌集「仮名序」の成立
7日記文学の展開 蜻蛉日記と和泉式部日記の背景と文体
8ここまでのまとめ 『源氏物語』概説 第一部~第三部の展開と特質 
9『源氏物語』第一部(1)源氏物語の「なぜ」
10『源氏物語』第一部(2)語りの仕組み
11『源氏物語』とアダプテーション
12『源氏物語』第二部 「物語」の外へ
13『源氏物語』第三部(1)「男」と「男」の世界
14『源氏物語』第三部(2)語りの行き着くところ
15まとめ 古典テクストを学ぶこと
授業時間外における学習方法 授業の前にアップされる資料を読み、疑問点等を整理する。授業の内容を踏まえたワークを行う。
発展的学習としては関連書籍を紹介するので、それらを読んで知識を深める。 
授業のキーワード 古典文学 平安文学 物語学 物語理論 アクティブ・ラーニング ディスカッション 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 古文に苦手意識のある人も心配せず、参加して下さい。さまざまなサポートの形を準備しています。回を重ねるにつれて読めるようになっていきます。

受講生の取り組みには以下のような点を期待します。

授業内やWebclass上で配布する資料を読み、内容を考察し疑問点を整理しておく
グループやペアでの活動では自分に何ができるのかを考え、自分の力を生かして貢献する
授業後に行うワーク等には、授業で学んだことを生かし考察を加えたものを提示する 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 未定 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.