タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60500800 
科目名   日本文学史Ⅰ  
担当教員   石井 正己  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金1   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻必修科目、中等教育教員養成課程国語専攻必修科目 
備考  対象:B国語/書道 
ナンバリング   131121 
ねらいと目標 かつて文学史は、文学研究がめざしいた最後の場所でした。しかし、近年は、文学研究でも学習指導要領でも文学史は軽視されています。それは、歴史から現在を考える、という思考が稀薄になったからにほかなりません。しかし、日本は豊かな文学史をもち、そうした基礎に立って現在があるのです。そのことを考えてみます。 
内容 文学史というと、日本(文化)史のおまけ、知識のつめこみといった印象が強いかもしれません。しかし、ここでは大きなながれとして文学を捉える大切さをお話ししてみたいと思います。近代については、「日本文学史Ⅱ」で扱うはずですから、ここでは近代以前(古典文学)を対象にします。今年はオンライン授業になりましたので、テキストを使い、「和歌で学ぶ日本文学史」に特化して行います。 
テキスト 石井正己著『図説 百人一首』(河出書房新社、本体1800円)を使います。 
参考文献 授業において指示します。 
成績評価方法 出席参加状況と課題(予習・復習をまとめる)で評価します。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業の説明
2文学史はなぜ必要か
3古典和歌「心で感じる古典の世界」(『旺文社全訳古語辞典 第四版』)と近代短歌
4『百人一首』の成立 
5天皇の歌①(天智、持統、後鳥羽、順徳) 
6天皇の歌②(陽成、光孝、元良、三条、崇徳)
7女性の歌①(小町、伊勢、道綱母)
8女性の歌②(和泉式部、小式部内侍)
9女性の歌③(紫式部、大弐三位)
10男性の歌①(仲麿、篁、業平)
11男性の歌②(菅家、貫之、公任)
12男性の歌③(俊成、実朝、定家)
13僧侶の歌 (遍昭、素性、能因、西行) 
14正岡子規の問題
15文学史の再構築
授業時間外における学習方法 テキストおよび資料を読んで、該当時間の内容の予習・復習を行い。それをまとめてください。 
授業のキーワード 古典文学 和歌文学 百人一首 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) ポータルでURLと資料を送り、オンラインによるライブ配信の遠隔授業をZoomで行います。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.