タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60500300 
科目名   国語科教材論B  
担当教員   石井 正己  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻教科・教職(専攻SE、初等教育教員養成課程国語選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   132121 
ねらいと目標 国語科の授業の教材はさまざまな形態で考えることができますが、やはり重要なのは教科書です。そこで、この授業では、小学校・中学校・高等学校の伝統的な言語文化・古典文学の教材について、今後の研究や実践につながる基礎を学びます。 
内容 現代の教育問題の中における国語科の位置を考え、小学校・中学校・高等学校の伝統的な言語文化・古典文学における「定番教材」について学び、それを創造的かつ批判的に捉える視点を検討します。 
テキスト 石井正己編『国語教科書の定番教材を検討する!』(三弥井書店)を使用しますので、必ず購入してください。 
参考文献 授業中に指示します。 
成績評価方法 出席参加状況とレポート(予習・復習のまとめ)で評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業についての説明
2「定番教材」とは何か 「春あけぼの」問題
3小学校編① おおきなかぶ
4小学校編② いなばの白うさぎ
5小学校編③ かさこじぞう
6小学校編④ 百人一首
7中学校編① 竹取物語
8中学校編② 平家物語
9中学校編③ 徒然草
10中学校編④ 万葉・古今・新古今
11高等学校編① 伊勢物語
12高等学校編② 源氏物語
13高等学校編③ 更級日記
14高等学校編④ 雨月物語
15課題返却
授業時間外における学習方法 テキストと補足資料を読んで、予習・復習を行って、考えをまとめてください。 
授業のキーワード 伝統的な言語文化 古典文学教材研究 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) ポータルでURLと資料を送り、オンラインによるライブ配信の遠隔授業をZoomで行います。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.