タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60401400 
科目名   外国人児童生徒への日本語教育  
担当教員   南浦 涼介  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース教科・教職(選択)、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習コース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース教科・教職(選択)、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多文化共生教育コース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程 教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程国語専攻教科・教職(共通SE、 
備考  学校教育系:共通SE 教育支援系:教科又は教職(選択) 
ナンバリング   141124 
ねらいと目標 日本国内の学校における外国人児童への日本語教育について、学校教育現場における実際を知り、その諸課題の把握と関連領域の基礎的知識の獲得を目標とする。 
内容 1)外国人児童生徒の教育に関する現状を知る(第1回~第2回)
 ・日本国内における学校制度と外国人児童生徒の受け入れ制度について知る。
 ・学校における外国人児童生徒教育の現状と課題を理解する。

2)外国人児童生徒のライフコースから、教育的支援の視点を得る(第3回~第7回)
 ・外国人児童生徒教育に関する心理的・社会的・教育的諸課題の観点を得る。
   来日の経緯と滞日期間
      学習環境・過程環境
      学校・地域の教育・支援の状況  
      学校における日本語教育の内容と方法
      日本語の力と母語の力
      言語の力と学力
      進路(進学)の問題
      民族的アイデンティティ

3)子どもたちへの日本語教育の内容と方法について基礎的な知識と考え方を得る。(第8回~第10回)

4)多文化共生、社会的公正の視点から多様性を尊重した学校づくりを考える(第11回~第13回) 
テキスト ★以下のテキストは、特にユニット2,およびユニット3で使いますので、購入を必ずしてください。
・齋藤ひろみ・今澤悌・内田紀子・花島健司(2011)『外国人児童生徒のための支援ガイドブック』凡人社 
参考文献 随時紹介 
成績評価方法 各授業の最後に毎回書く,リフレクションペーパー 30%
15回の授業の中で行われる中間課題(2回) 30%(15%×2)
期末テスト 40% 
授業スケジュール(展開計画) 以下,状況に応じて多少の変更があることもあります。
内容
1ユニット1:外国人児童生徒教育の現状と課題を知る(1)
なぜ学校の先生になるとき「外国につながる子どもたち」のことを学ぶのか?
オリエンテーション,授業のねらい、授業形態、課題について
2ユニット1:外国人児童生徒教育の現状と課題を知る(2)
外国人児童生徒をどのように受け入れるのか?
・適応指導と日本語教育の現状
3ユニット1:外国人児童生徒教育の現状と課題を知る(3)
子どもたちはどのような歴史的背景,社会的背景をもってここにいるのか?
4ユニット2:子どもたちの人生から支援の可能性を考える(1)
子どもたちの人生とことばの習得,社会とのかかわりはどのようになっているのか?
5ユニット2: 子どもたちの人生から支援の可能性を考える(2)
複数言語環境の中で,学力をどう伸ばすのか?
6ユニット2:子どもたちの人生から支援の可能性を考える(3)
子どもたちの成長と学校外の関わりの役割
7ユニット3:外国人児童生徒教育における授業の方法を知る(1)
来たばかりの子どもたちに,どのように日本語を教えるのか?
8ユニット3:外国人児童生徒教育における授業の方法を知る(2)
テーマをつくり,ことばを学ぶ
9ユニット3:外国人児童生徒教育における授業の方法を知る(3)
教科学習と日本語をつなげて学ぶ
10ユニット3:外国人児童生徒教育における授業の方法を知る(4)
インクルーシブな教室を生み出す発想を得る
11ユニット4:多様な子どもたちがともに学ぶ学校・地域を創造する(1)
共生を学校でどのようにつくっていくか
12ユニット4:多様な子どもたちがともに学ぶ学校・地域を創造する(2)
多文化共生を生み出す学校全体のアプローチ
13ユニット4:多様な子どもたちがともに学ぶ学校・地域を創造する(3)
地域を巻きこみ,地域全体で子どもを育てていく発想を得る
14ユニット4:多様な子どもたちがともに学ぶ学校・地域を創造する(3)
「外国人児童生徒の少ない地域」でどう取り組むか?
15テスト
授業時間外における学習方法 授業内で出される課題の遂行 
授業のキーワード 外国人児童生徒教育、学校における日本語教育、年少者日本語教育、インクルーシブ教育 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ ここしばらく、外国人児童生徒の教育は報道でも大きく扱われるようになりました。
また、新しい学習指導要領でも、「総則」に「日本語が十分でない児童生徒への教育的配慮」が明記されるようになりました。
「外国人児童生徒の教育」は学校教員を目指す人にとって誰にとっても欠かすことのできない重要な視点となっています。「日本語を話す日本人」を前提としない、多様な言語的背景と文化的背景を持った子どもたちがみなさんの前におり、そしてそうした子どもたちの存在を当たり前にしながら教育を遂行していくために、何が必要になるのか。
その観点を持つことは、ひいては「誰にでもやさしい教育をすること」につながっていきます。そうした力をぜひ獲得していくことを、期待します。 
実務経験のある教員による科目 外国につながる子どもたちの日本語教育,小学校,中学校,高等学校,海外日本語教師と合わせて10年ほど,学校現場にいました。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔ライブ授業として行います。microsoft teamsを用いる予定です。第1回の授業はwebclassに情報を掲示します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.