タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60300100 
科目名   国語科研究  
担当教員   湯浅 佳子,宮本 裕臣  
対象学年   3年   クラス   56  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   水2   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程美術選修小教:国語、初等教育教員養成課程音楽選修小教:国語 
備考  対象:A音楽/美術 
ナンバリング   133121 
ねらいと目標
小学校国語科の基盤となる言語や文学に関する専門的な知識や理論を学び、その基礎的事項を理解・習得することを目標とする。 
内容
国語科の内容は多岐に亘るため、教科内容に関わる諸分野(日本語学・古典文学・中国古典学・近代文学)の専門的な知識・理論の理解が不可欠である。本講義では、国語科の授業のさまざまな単元の核となる基礎的事項について理解を深めていく。国語科の内容学とともに、書写技能についても基礎・応用・実践の授業を行い、国語科の教員に期待される知識と技能を身につける。 
テキスト ●第8・9・12回は『国語科書写の理論と実践』(萱原書房、全国大学書写書道教育学会編、ISBN978-4-86012-102-0、1000円+税)を使用する。なおこのテキストは「初頭国語科教育法」でも使用する。
●その他の回に使用するテキストについては、当日授業担当者が指示する。 
参考文献 国語科コアカリキュラム研究プロジェクト編『国語の授業の基礎・基本 小学校国語科内容論』(東京学芸大学出版会 2014年4月) 
成績評価方法 筆記試験または期末レポート(70%)、平常点(発言・授業内の課題:30%)の内容から総合的に評価する 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1第1回: 国語科教育の基盤となる知識
2第2回: 国語科教育と言語知識1(音声と文字)
3第3回: 国語科教育と言語知識2(語彙と意味)
4第4回: 国語科教育と言語知識3(文法と文章)
5第5回: 国語科教育と古典文学1(物語・日記・随筆)
6第6回: 国語科教育と古典文学2(和歌・俳句)
7第7回: 国語科教育と中国古典学1(漢文)
8第8回: 書写技能1(点画と字形)
9第9回: 書写技能2(文字の組み立て方)
10第10回: 国語科教育と中国古典学2(漢詩)
11第11回: 国語科教育と近代文学1(小説・物語)
12第12回: 書写技能3(配列、漢字と仮名の調和)
13第13回: 国語科教育と近代文学2(詩)
14第14回: 国語科研究の現代的課題
15第15回: 総括と講評―筆記試験または期末レポートの提出
授業時間外における学習方法 附属図書館や所属研究室、演習室の参考資料を利用してください。 
授業のキーワード 小学校国語教育・書道教育 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 毎回の授業でレポートを提出します。学期末に最終レポートを提出します。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 第8・9・12回は遠隔授業、その他の授業は対面授業です。 
その他 書写の授業では用具一式が必要です。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.