タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60300100 
科目名   国語科研究  
担当教員   疋田 雅昭,宮本 裕臣  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   N207    開講学期   春学期  
曜日・時限   水1   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校心理選修小教:国語、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:国語 
備考  対象:A学教/学心 
ナンバリング   133121 
ねらいと目標 授業の到達目標及びテーマ  
 小学校国語科の基盤となる言語や文学に関する専門的な知識や理論を学び、その基礎的事項を理解・習得することを目標とする。
 
内容 授業の概要  国語科の内容は多岐に亘るため、教科内容に関わる諸分野(日本語学・古典文学・中国古典学・近代文学)の専門的な知識・理論の理解が不可欠である。本講義では、国語科の授業のさまざまな単元の核となる基礎的事項について理解を深めていく。国語科の内容学とともに、書写技能についても基礎・応用・実践の授業を行い、国語科の教員に期待される知識と技能を身につける。 
テキスト 国語研究については、随時、プリント等を配布する
書道に関しては、『国語科書写の理論と実践』(萱原書房)全国大学書写書道教育学会編
が指定されている。 
参考文献 国語科コアカリキュラム研究プロジェクト編『国語の授業の基礎・基本 小学校国語科内容論』(東京学芸大学出版会 2014年4月) 
成績評価方法 筆記試験または期末レポート(70%)、平常点(発言・授業内の課題:30%)の内容から総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1第1回: 国語科教育の基盤となる知識
2第2回: 国語科教育と言語知識1(音声と文字)
3第3回: 国語科教育と言語知識2(語彙と意味)
4第4回: 国語科教育と言語知識3(文法と文章)
5第5回: 国語科教育と古典文学1(物語・日記・随筆)
6書写技能➀(文字の組み立て方)
7書写技能②(文字の組み立て方)
8第6回: 国語科教育と古典文学2(和歌・俳句)
9第7回: 国語科教育と中国古典学1(漢文)
10第8回: 国語科教育と中国古典学2(漢詩)
11書写技能③(配列、漢字と仮名の調和)
12第9回: 国語科教育と近代文学1(小説・物語)
13第10回: 国語科教育と近代文学2(詩)
14第11回: 国語科研究の現代的課題
15第15回: 総括と講評―筆記試験または期末レポートの提出
授業時間外における学習方法 授業後にリアペの提出と小テストが実施(平常点・出席に換算)。その日に配布されたプリント等で、復習の上、必要なことをリアペ等で質問する。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 現状(2020年3月)時点では、オンライン(ZOOMによるリアルタイム配信)を予定しているが、状況に応じて、一部対面によるハイブリッドの講義等を模索する予定。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.