タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102040 
科目名   中等国語科教育法Ⅳ  
担当教員   岩永 正史  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   N203    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻中学校各教科指導法、中等教育教員養成課程書道専攻中学校各教科指導法 
備考  学籍番号末尾でクラス分けします。全選修・専攻末尾偶数 
ナンバリング   123121 
ねらいと目標 国語科教育の歴史をふり返ることを通して、現在の国語科のあり方を客観的に見直すことを目指します。 
内容 明治期近代の学校が始まった頃から大正デモクラシーと言われる時代、アジア太平洋戦争に向かう時代から敗戦期、現代に至る時代の中で、国語科はどのように変化してきたのか。教科書の変遷、論争などを取り上げながら、国語科のあるべき姿を考えていきます。 
テキスト 用いません。 
参考文献 授業の進行に伴って紹介します。 
成績評価方法 授業の出席状況、授業時の課題、最終課題によって評価します。 
授業スケジュール(展開計画) 1 近代国語教育史の流れを大きくつかんでおこう
2 第一期国定国語教科書、近代の学校の始まりとことばの教育
3 第二期国定国語教科書、近代国家の形成とことばの教育
4 第三期国定国語教科書、大正デモクラシーの時代とことばの教育
5 作文はどのように書かせるのがよいのか~芦田・友納論争~
6 児童文芸誌『赤い鳥』が国語教育に与えた影響
7 第四期国定国語教科書、戦争の時代の始まりと国語教育
8 読みの指導過程論=垣内・石山理論、通読・精読・味読の始まり
9 第五期国定国語教科書、「国民学校」時代の国語教育
10 第六期国定国語教科書、「敗戦」とことばの教育
11 「きかんしゃやえもん」、絵本が国語教科書に載るとき起こった問題
12 読みの指導過程論=一読総合法の登場
13 文学の読み方を考える「冬景色論争」
14 文学の指導を広げる「あるハンノキの話」と「ヒロシマの歌」
15 総合討論
 
授業時間外における学習方法 授業前に提示される資料を読んでください。
授業中、授業後などに紹介する文献を読み、理解を深めましょう。
 
授業のキーワード 近現代の歴史、国語科の歴史、教科書、指導法 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ あなたが体験してきた「国語科」は自明のものではありません。社会の状況、児童文化、教育に対する考え方などの影響を受けて移り変わってきた「国語科」の姿を知り、ことばの教育のあり方を再考しましょう。
 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) コロナ禍の状況による授業の実施方法変更に伴い、授業内容を若干変えることがあります。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.