タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102030 
科目名   中等国語科教育法Ⅲ  
担当教員   中村 純子  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻中学校各教科指導法、中等教育教員養成課程書道専攻中学校各教科指導法 
備考  学籍番号末尾でクラス分けします。全選修・専攻末尾偶数 
ナンバリング   123121 
ねらいと目標 中学校・高等学校の国語科教育の理論と実践上の工夫について、具体的な活動を通して検証する。 
内容 21世紀に求められる資質能力を高める国語科教育の指導法を習得するために、深い教材研究と先行の実践研究を踏まえ、主体的・対話的で深い学びを促す模擬授業を行う。模擬授業ではICTの活用をベースに授業設計を行う。さらに、学習指導案の作成と模擬検証レポートの記述を通して、授業を深く考察する力を育む。 
テキスト 『中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 国語編』 文部科学省
『高等学校学習指導要領(平成30年告示) 解説 国語編』 文部科学省
 
参考文献 稲井達也・他編著『主体的・対話的で深い学びを促す中学校・高校国語科の授業デザイン:アクティブ・ラーニングの理論と実践』学文社(2016)
 
成績評価方法 グループ活動での模擬授業の内容、評価シートの内容、出席状況を総合して評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 1 オリエンテーション 国語科授業構想の心得
2 中学校・物語教材 教材研究・先行実践例の調査発表
3 中学校・説明文教材 教材研究・先行実践例の調査発表
4 中学校・韻文教材 教材研究・先行実践例の調査発表
5 高等学校・小説教材 教材研究・先行実践例の調査発表
6 高等学校・評論教材 教材研究・先行実践例の調査発表
7 高等学校・古典文学教材 教材研究・先行実践例の調査発表
8 中学校・文字文化への関心を高める書写授業についての実践検証
9 中学校・物語教材 ICTを活用した模擬授業実践検証
10 中学校・説明文教材 ICTを活用した模擬授業実践検証
11 中学校・韻文教材 ICTを活用した模擬授業実践検証
12 高等学校・小説教材 ICTを活用した模擬授業実践検証
13 高等学校・評論教材 ICTを活用した模擬授業実践検証
14 高等学校・古典文学教材 ICTを活用した模擬授業実践検証
15 まとめ 模擬授業の成果と課題
 
授業時間外における学習方法 模擬授業にむけての教材研究、指導案作成、グループディスカッションなど。
学習指導要領についての基礎理解を促す課題クイズ。 
授業のキーワード 主体的・対話的・深い学びを促すオンライン授業作り 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ オンライン上での協働学習です。協力して楽しい授業を作っていきましょう。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式 Teams活用 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.