タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102020 
科目名   中等国語科教育法Ⅱ  
担当教員   岩永 正史  
対象学年   2年   クラス   52  
講義室   N103    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻中学校各教科指導法、中等教育教員養成課程書道専攻中学校各教科指導法 
備考  学籍番号末尾でクラス分けします。全選修・専攻末尾偶数 
ナンバリング   122121 
ねらいと目標 文学作品とともに国語科教材の双璧をなす説明・論説文について、その指導上の問題点をふまえた上で解決に導く基礎科学の研究に触れ、説明・論説文の教育に対する理解を深めます。 
内容 小学校から中高等学校における説明・論説文の学習成立に関わる文学、語学、心理学、教育学の研究成果に触れ、学習者の発達や教材研究の系統性について考えます。受講者各自の説明・論説文学習体験と現在の国語科教育の課題を比較し、説明・論説文の教育に対する認識を深めることを目的にします。 
テキスト 用いません。 
参考文献 授業の進行に伴って紹介します。 
成績評価方法 授業の出席状況(20%)、授業時に提出する課題(80%)によって評価します。 
授業スケジュール(展開計画) 1説明・論説文を読む授業の問題点~PISAとRSTが明かす日本のことばの教育の弱点~
2問題の原因を探る(1)説明文って何だ? 入門期説明文の教材史
3問題の原因を探る(2)段落の要点、段落と段落の関係、文章を要約……
4心理学は読む力とどう向き合ってきたか
5認知心理学の文章理科研究が考えたこと
6物語スキーマ理論による研究
7学童期~青年期の説明スキーマの発達と大学生の到達水準
8説明・論説文の系統性を考える(1)小学校入門期説明文の検討
9説明・論説文の系統性を考える(2)小学校低学年説明文の検討
10説明・論説文の系統性を考える(3)小学校中学年説明文の検討
11説明・論説文の系統性を考える(4)小学校高学年説明・論説文の検討
12説明・論説文の系統性を考える(5)中学・高校説明・論説文の検討
13説明・論説文の学びを広げる(1)よりわかりやすい説明へ
14説明・論説文の学びを広げる(2)国語科固有の内容も
15説明・論説文の学びを広げる(3)これは文学?それとも説明文?
 
授業時間外における学習方法 授業中に紹介する文献を読み、理解を深めましょう。 
授業のキーワード 説明スキーマ、論理的・批判的思考、説明・論説文教材の系統性 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ あなたは、説明・論説文の学習をどのように感じて学んでいましたか。あなたの感じた「面白さ」「つまらなさ」をふまえて、説明・論説文の教育を再考しましょう。 
実務経験のある教員による科目 実務経験のある教員による授業です。授業担当者(岩永)は、小学校の教員として13年勤務したほか、大学教員として小中高校の実践を30年にわたって指導してきました。そうした経験によって把握した国語科の生々しい課題をもとに授業を行います。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 状況にもよるので、秋学期開始前に確認すること。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.