タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102010 
科目名   中等国語科教育法Ⅰ  
担当教員   岩永 正史  
対象学年   2年   クラス   52  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   木4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程国語専攻中学校各教科指導法、中等教育教員養成課程書道専攻中学校各教科指導法 
備考  学籍番号末尾でクラス分けします。全選修・専攻末尾偶数 
ナンバリング   123121 
ねらいと目標 中学校および高等学校における国語科教育の理論と実践について基礎的な知識を身につけ、理解を深める。 
内容 読むことの授業を中心に、中学高等学校国語科の学習成立に関わる文学、語学、心理学、教育学の基礎的理論に触れながら、教材研究や授業のあり方を検討します。受講者各自の国語科学習体験と現在の国語科教育の課題を比較し、国語科に対する認識を深めることを目的にします。 
テキスト 『中学校学習指導要領』(平成29年3月告示 文部科学省)
『高等学校学習指導要領』(平成30年3月告示 文部科学省)
 
参考文献 授業の進行に応じ指示します。 
成績評価方法 授業の出席状況(20%)、授業時に提出する課題(80%)によって評価します。 
授業スケジュール(展開計画) 1.国語科の「国語」を考える
2.国語科授業の問題の把握~文学を読む授業を例に~
3.青年期のことばの発達から見たことばの教育の必要性、文字言語の獲得と書写の指導
4.ことばの発達と文学の指導(1)虚構の世界をつくり出す重要な方法「視点」
5.ことばの発達と文学の指導(2)認知科学から見た文学の理解
6.ことばの発達と文学の指導(3)さまざまな虚構の方法に着目して文章を分析する
7.ことばの発達と文学の指導(4)文学理論から文学の指導を検討する
8.ことばの発達と説明・論説文の指導(1)説明・論説文を読む授業の問題点
9.ことばの発達と説明・論説文の指導(2)「現実にたどり着く読み」と文章分析
10.ことばの発達と説明・論説文の指導(3)認知科学から見た説明・論説文の理解
11.ことばの発達と説明・論説文の指導(4)論理的・批判的思考力の育成
12.授業を目指して(1)国語科の学習、「身につく学び」と「剥がれ落ちる学び」を考える
13.授業を目指して(2)古典入門を検討する
14.授業を目指して(3)読む授業の指導過程を検討する
15.授業を目指して(4)授業の設計図=学習指導案作成のポイント

 
授業時間外における学習方法 授業中に紹介する文献を読み、理解を深めましょう。 
授業のキーワード 国語科授業と基礎科学(文学、語学、心理学、教育学)、学習者研究 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ これまで「当たり前だ」と思って受けてきた国語科の授業をさまざまな角度から再考しましょう。 
実務経験のある教員による科目 実務経験のある教員による授業です。授業担当者(岩永)は、小学校の教員として13年勤務したほか、大学教員として小中高校の実践を30年にわたって指導してきました。そうした経験によって把握した国語科の生々しい課題をもとに授業を行います。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) Zoomによる遠隔形式の授業です。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.