タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60037400 
科目名   日本語表現法C(口頭コミュニケーションⅠ)  
担当教員   南浦 涼介  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S407    開講学期   春学期  
曜日・時限   月1   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース語学領域:選択、初等教育教員養成課程理科選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程国際教育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程学校心理選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程技術専攻語学領域:選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程書道専攻語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース語学領域:選択、中等教育教員養成課程数学専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程音楽選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程音楽専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程美術選修語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免語学領域:選択、中等教育教員養成課程美術専攻語学領域:選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免語学領域:選択、初等教育教員養成課程家庭選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程社会専攻語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース語学領域:選択、初等教育教員養成課程学校教育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程環境教育選修語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース語学領域:選択、初等教育教員養成課程国語選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程家庭専攻語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース語学領域:選択、中等教育教員養成課程国語専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程情報教育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程数学選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程保健体育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程英語選修語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース語学領域:選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修語学領域:選択、 
備考  CL:留学生対象科目 
ナンバリング   112122 
ねらいと目標 1)遠隔によるインタビューを通して,日本語口頭コミュニケーションの力を養う
2)取材過程の省察を通して,自己の日本語口頭コミュニケーションを振り返りながら上達させて行く。 
内容 「東京学芸大学の近辺などで,面白そうなことをやっている人」を選定し,その人へのインタビューを行っていきます。それを通して,「その人はなぜそんなことをしているのか」「その人の人生と生き方」を自分の視点を混ぜ込みながら取材し,それを記事にしていきます。 
テキスト 特に指定しない,授業の中で適宜示します。 
参考文献 特に指定しない,授業の中で適宜示します。 
成績評価方法 1)授業ごとの省察 30%
2)インタビューへの参加と貢献 40%
3)記事作成の達成 30% 
授業スケジュール(展開計画) 授業内の他,インタビューのために課外で時間を使う必要があります。それを含めて授業を展開していきます。
またそれぞれの進捗に従って以下の内容は少しずつ変化する。
内容
1オリエンテーション
2対象者の提案と検討
3対象者の決定
4インタビューの練習と気づき
5中間報告1
6インタビュー記事の書き起こし
7インタビュー記事から人生を描く:ライフストーリーの方法
8さらに聞きたいことの抽出
9再度のインタビューの実施
10インタビュー記事の再度の書き起こし
11ライフストーリー記事を作成する
12ライフストーリー記事の発表1
13ライフストーリー記事の発表2
14雑誌の作成,相手への確認
15まとめ
授業時間外における学習方法 授業時間外には以下のことを行う。
・インタビュー対象者へのアポイントメント
・インタビュー対象者との対話
・記事の作成 
授業のキーワード インタビュー 取材 記事作成 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ この授業は,「自分の見知らぬ他者」との対話を繰り返しながら,日本語のコミュニケーションの力を磨いていきます。記事を作成していく中で,自分の対話のあり方,物事の考え方も磨かれていきます。積極的な参加が求められますが,がんばっていきましょう。 
実務経験のある教員による科目 外国につながる子どもたちの日本語教育,小学校,中学校,高等学校,海外日本語教師と合わせて10年ほど,学校現場にいました。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 当初は遠隔ライブ授業を予定しています。様子を見て対面授業に切り替えていきます。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.