タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-国語科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60005700 
科目名   日本語学  
担当教員   宮本 淳子  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月1   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  総合学芸領域:分野B共通 
備考  CA:(B)領域 
ナンバリング   111121 
ねらいと目標 発音・語彙・表記など、様々な角度から日本語を観察し、日本語がどのような特徴をもっている言語か、考察する力を養う。
国語の教科書で扱われる言語事象を理解するとともに、その背景、日本語の歴史に関わる現象を理解することを目標とする。 
内容 私たちが普段使っている日本語も視点を変えて観察してみると、普段意識されてこなかったような新たな特徴を見出すことができる。本講義では、そうした日本語の特徴や現代日本語に見られる身近な言語事象、歴史的側面(連続性)を取り上げ、考察する。 
テキスト 必要に応じ、プリントを配布する。 
参考文献 授業内で適宜紹介する。
山口明穂・鈴木英夫・ 坂梨隆三『日本語の歴史』(東京大学出版会 1997年)
大木 一夫『ガイドブック日本語史』(ひつじ書房 2013年)
『日本語学研究事典』(明治書院 2007年)
『日本語学大辞典』(東京堂出版 2018年)
『日本語の歴史』(平凡社 1963〜1965年) 
成績評価方法 平常点(理解を確認するためのレビューシート、発問に対する取り組みの姿勢など 30%)と期末レポート(70%)から総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1第1回 はじめに
日本語史を学ぶために/授業概要/評価について/時代区分
2第2回 漢字の伝来 
日本語史の分野/漢字伝来以前/漢字の性質
…【教室外学習のめやす】授業で配布した漢字に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
3第3回 漢字表記の広がり
奈良時代の資料/漢字表記の広がり上代特殊仮名遣い/『万葉集』の読み
…【教室外学習のめやす】授業で配布した奈良時代の資料に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
4第4回 平安時代の日本語–片仮名—
ヲコト点/片仮名の誕生と形成平安時代の日本語
…【教室外学習のめやす】授業で配布した仮名に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
5第5回 平安時代の日本語–平仮名–
平仮名の誕生と形成/『土左日記』の読み/ハ行転呼音現象
…【教室外学習のめやす】授業で配布したハ行転呼音に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
6第6回 音韻の変遷
上代特殊仮名遣いの消滅/ハ行転呼音②/訓点資料
…【教室外学習のめやす】授業で配布した訓点に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
7第7回 歴史資料を読む
語彙の変化・色彩語について
…【教室外学習のめやす】授業で配布した語彙の変化に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
8第8回 鎌倉時代の日本語
アクセントによる仮名の書き分け/定家仮名遣いと定家の仮名遣い…【教室外学習のめやす】授業で配布した仮名遣いに関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
9第9回 室町時代の日本語
抄物・狂言・キリシタン資料/ポルトガル式ローマ字
…【教室外学習のめやす】授業で配布したにキリシタン資料に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
10第10回 室町時代の日本語ー語彙から見た日本語
女房ことば・武者ことば
…【教室外学習のめやす】授業で配布したに女房ことば関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
11第11回 江戸時代前期の日本語
出版印刷技術の発達と日本語
…【教室外学習のめやす】授業で配布したに集団語に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
12第12回 江戸時代後期の日本語
江戸語/位相差
…【教室外学習のめやす】授業で配布した近代語に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
13第13回 明治・大正時代の日本語
翻訳語と表記/新聞と日本語/ローマ字について
…【教室外学習のめやす】授業で配布したローマ字に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
14第14回 明治時代・大正時代の日本語
外来語/言語変化の現象と要因
…【教室外学習のめやす】授業で配布した外来語に関する資料を精読し、問題点を確認しておく。授業で扱った事項(疑問点)を調べて復習する。
15第15回 総括(試験およびまとめ)ー日本語の歴史的研究について
授業時間外における学習方法 (1)配布資料は授業内で全て扱えない場合があるので、各自復習して理解に努めること。
(2)【教室外学習の目安】、詳細は授業にて説明する。
     受講生が自主的に取り組む「ミッションシート」を課題とする場合がある。
(3)大学図書館や授業内で紹介する学外の研究施設の文献を大いに活用して(2)を取り組むこと。 
授業のキーワード 日本語学・日本語史・表記史・語彙史・音韻史・アクティブラーニング 
受講補足(履修制限等) 人数が超過する場合は抽選となる。抽選にあたっては、初回出席者および上位学年を優先する。 
学生へのメッセージ 受講生の積極的な参加を高く評価する。国語科のみならず、他学科の受講生も歓迎する。受講生の理解・関心に合わせて進度、内容が多少変化することがある。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) ・初週から【遠隔形式の授業】(オンライン双方型・現時点では、Teamsの予定)で行う予定である。
・準備が整い次第、授業開始前(1週間前を予定、遅くとも前々日)にWebクラスから一斉メールを送付する。
・受講希望者は、必ずWebクラスに登録、メールを確認すること。
・受講前の案内メールでは、Teamsへの招待(クラスコード)と共に、初回のフォロー方法などを伝える予定である。
・(ZOOMに変更する場合はURLをメールで送る。)初回の授業時にも動作環境の確認を行う。
・講義資料は授業開始前1週間にはダウンロードできるようWebクラスに設置する予定である。
・受講生の通信状態の様子、希望に寄り添い、講義の録画(or音声)の限定公開を行う予定である。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.