タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60592900 
科目名   家庭看護学  
担当教員   久保 恭子,岸田 泰子  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   C102    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程家庭選修選択科目A、中等教育教員養成課程家庭専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   133101 
ねらいと目標 家族の健康を保持・増進し、疾病の予防、早期発見に努めることができる。また、疾病者に対して、適切に対処し、事故時においても適切な応急手当の方法が理解できる。 
内容 わが国の医療保健福祉の課題の中に少子高齢化がある。また、事故は家庭内外において多発し、生活習慣病も増加傾向である。この科目では、子どもの健全な育成のために必要な家庭での看護、人々の健康の保持・増進、疾病の予防・早期発見のための知識を学習する。また、高齢者の特徴と看護、看取り時の対応について学習する。 
テキスト なし。必要時、講義の中で紹介をします。 
参考文献 なし。必要時、講義の中で紹介をします。 
成績評価方法 最終レポート90%、最終レポートは与えらえた課題に対して、多面的に文献等を使って調べ、自ら考察したものをまとめる。質が高く深い洞察が見らえるものを評価する。平常点評価10%(授業期間中に実施するレポート)。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1家族の健康と看護
2特別なニーズのある子どもと家族(発達障がい)
3子どもの事故と予防
4子どもの健康チェック(バイタルサイン)・疾病予防
5子どもの応急処置 心肺蘇生法
6子どもの応急処置 傷害時の応急処置・包帯法
7子どものアレルギー・エピペンの使い方
8子どもの日常生活の世話
9思春期の看護
10性と生殖に関する健康
11妊娠、出産、親性
12メンタルへルス
13高齢者の心身と生活の特徴
14高齢者の介護・看護
15老年期・臨死期のケア
授業時間外における学習方法 授業は講義形式の他、演習やグループワークなども取り入れます。健康、医療、福祉等に関する内容を新聞やニュースからも情報を収集し、積極的に授業に参加をしてください。 
授業のキーワード 健康 家庭 事故(食物アレルギー) 子どもの世話と健康状態の観察 家庭内病理 性と生殖 高齢者の看護 死の看護  
受講補足(履修制限等) 「家庭看護学」は免許取得上、必修の科目です。本来対象となる学年より、下位学年の学生の履修について、学生は授業担当の教員の許可を得た場合、履修は可能です。 
学生へのメッセージ 授業時間外学習についてはその都度、お伝えします。 
実務経験のある教員による科目 看護師資格のある教員が講義をします。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面講義を原則とします。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.