タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60592500 
科目名   消費者教育  
担当教員   田中 敬文  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   家602    開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程家庭選修選択科目A、中等教育教員養成課程家庭専攻選択科目A 
備考   
ナンバリング   131101 
ねらいと目標 近年、家計所得が低迷し、生活が困難となる中、生活者の自己責任が高まるとともに、消費者問題は一層複雑・深刻化している。この講義は,消費者問題の基礎知識と最近の傾向を知り、消費者教育の現状と課題を学ぶことを目標とする.今年度は特に、金融経済教育も取り上げる。 
内容 消費者問題の基礎知識と最近の傾向を学習した後、グループごとに消費者問題の具体例を調べ、どのような消費者教育が有効かを発表しディスカッションを行いレポートにまとめる。消費者教育の対象は、小中高校生、大学生、社会人・高齢者等が考えられる。特に、高校生に対しては、教材を用いて金融経済教育についても学ぶ。受講に当たって、学生は小中高教科書においてどのような消費者問題が取り上げられていたかについての知識を必要とする。 
テキスト なし。必要に応じて全国銀行協会HPから教材をダウンロードしてください。http://www.zenginkyo.or.jp/education/ 
参考文献 小中高家庭科教科書。大竹美登利編『初等家庭科の研究』萌文書林、2018年、1800円+税。 
成績評価方法 発表内容(レジュメを含む)+議論への参加度+レポートによる 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1講義の内容と進め方
2家庭経済の現状と消費者問題
3消費者問題の種類
4小中学生への消費者教育1
5小中学生への消費者教育2
6高校生への消費者教育
7大学生への消費者教育
8一般社会人・高齢者への消費者教育1
9一般社会人・高齢者への消費者教育2
10金融経済教育について
11金融経済教育の現状1 家計管理
12金融経済教育の現状2 クレジットとローン
13金融経済教育の現状3 多重債務
14レポート発表
15まとめ
授業時間外における学習方法 新聞、TV、インターネット等で報じられる消費者問題をチェックしてください。 
授業のキーワード ディスカッション、消費者問題、家計所得、規制、消費者保護、自己責任、消費者教育、金融経済教育 
受講補足(履修制限等) 今年度は、他教室生については、小学校免許状または中高家庭科免許状取得予定者のみ受講を受け入れます。 
学生へのメッセージ 近年話題となっている消費者問題にどのようなものがあるか、それをどのように教えるかについて広く関心を持ってください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を利用予定ですが、状況により遠隔方式も利用します。ご準備ください。 
その他 スケジュールは変更あり。小中高教科書においてどのような消費者問題が取り上げられていたかについての知識を必要とする。それらの教科書が手元にあるとよい。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.