タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60591600 
科目名   被服学演習A  
担当教員   高橋 美登梨  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   家404    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   必修,選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程家庭選修選択科目A、中等教育教員養成課程家庭専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   131102 
ねらいと目標 被服構成に関する製作技術および知識について、演習を通して理解する。製作を通して小学校以来学習してきた基礎的な縫製技術を確認するとともに、種々の縫製に関わる機器・用具類を活用し、指導者にふさわしい技術と知識を確実に習得する。 
内容 ・我が国の衣生活文化における被服製作の位置づけを捉えるとともに、本授業での実習体験を踏まえ、被服製作学習の今日的意義を認識する。
・トートバッグおよびハーフパンツの製作を行い、製作物の構成および材料について理解するとともに、縫製技術を確実に習得する。
・手縫いおよびミシン縫いの活用技術および管理する能力の定着を図る。 
テキスト 高等学校家庭科教科書「ファッション造形基礎」(実教出版)1,090円 
参考文献 文化ファッション大系 改訂版服飾造形講座1 服飾造形の基礎 (文化出版局) 2,754円
文化ファッション大系 改訂版服飾造形講座3 ブラウス・ワンピース (文化出版局) 1,836円 
成績評価方法 製作活動への姿勢 20%(製作進度や正確さ、製作活動における計画性や主体性)
作品 45%(完成作品および製作途中の提出物)
レポート 35%(製作に関する知識および被服製作学習の意義に関する課題をまとめる) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1被服材料と縫製用具について
被服製作学習について
2ミシンの使い方
トートバッグの製作(1)①:製作計画
3トートバッグの製作(1)②:裁断・しつけ
4トートバッグの製作(2)①:縫製
5トートバッグの製作(2)②:縫製
6ハーフパンツの製作(1)①:採寸
7ハーフパンツの製作(1)②:裁断
8ハーフパンツの製作(2)①:印付け
9ハーフパンツの製作(2)②:脇縫い
10ハーフパンツの製作(3)①:ポケット
11ハーフパンツの製作(3)②:股下縫い、裾縫い
12ハーフパンツの製作(4)①:股ぐり縫い
13ハーフパンツの製作(4)②:ウエストベルト
14ハーフパンツの製作(5):ゴム通し、仕上げ
15まとめと作品発表(着装会)
授業時間外における学習方法 製作学習では授業時間内に課題が終了しない場合があるが、ミシンがなくてもできる工程については自宅で行って次回の授業に臨むこと。
※ミシン等の機器類について授業時間外の使用は不可。 
授業のキーワード 被服製作、手縫い、ミシン縫い、トートバッグ、ハーフパンツ 
受講補足(履修制限等) ・設備と作業の安全な環境確保の関係から人数制限(30名)をしている。受講希望者は第1回目の授業に必ず出席すること。 
学生へのメッセージ ・小学校から高等学校までで扱う被服製作に関わる知識・技能を基本として授業を進めていきます。知識・技術の定着が不十分である場合には、自己研鑽し、向上に努めてください。
・被服製作は時間をかけて作業を積み重ねていくことが重要です。順調に作業が進められるよう計画性を持って授業に臨んでください。
 
実務経験のある教員による科目 現場での実態を踏まえて、題材の扱い方を考えていく。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式(予定) 
その他 ・製作に必要な布や型紙等については授業内で説明する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.