タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60591400 
科目名   被服学実験・実習A  
担当教員   森田 みゆき  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   家401    開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   必修,選択  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程家庭選修選択科目A、中等教育教員養成課程家庭専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   132103 
ねらいと目標 衣服の着用や管理などの自然科学的側面に関わる基礎知識・基礎理論について、講義で補足しながら、実験・実習を通じて理解を深め、家庭科の授業や教材開発に活用出来るようにする。 
内容  衣服の着用や管理などの自然科学的側面に関わる被服整理学の基礎知識を学び、以下の実験・実習を通して基本的な操作や布帛の取り扱い方を習得する。また、実験データのまとめ方、考察の深め方を習得する。
 繊維や布帛の構造と特性、染色、洗剤の諸性質の基礎実験、それらの応用実験を行い、衣生活における諸現象を学ぶ。
 
テキスト 確かな目を育てる 図説 被服の材料
  著者:日下部信幸
  出版社:開隆堂

適宜、資料を提示します。 
参考文献 小笠原正明『化学実験における測定とデータ分析の基本』東京化学同人
化学同人編集部編『実験を安全に行うために』化学同人
化学同人編集部編『続 実験を安全に行うために』化学同人
酒井豊子他『被服科学実験』三共出版
間瀬・薩本他『衣生活の科学』アイケイコーポレーション
増子富美他『被服管理学』朝倉書店
石毛フミ子他『消費者のための被服材料』実教出版
 
成績評価方法 レポート(70%)、受講状況(30%)により評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 授業計画 
第1回:オンライン授業 ガイダンス(スケジュール,遅刻・欠席の取扱い,レポートの提出方法,実験室の利用方法)
実験•実習の基本(基本操作、ガラス器具の洗浄、測容機器の取り扱い,データの統計解析)、安全教育
第2回:対面授業 繊維の鑑別(顕微鏡法)/糸の太さ) 
第3回:対面授業 ガラス器具の洗い方/繊維の鑑別(試薬による溶解法)
第4回:対面授業 界面活性剤の働き
第5回:対面授業 秤量の仕方/洗剤の乳化力
第6回:対面授業 乾燥性/吸湿性/不感蒸泄 
第7回:対面授業 藍染
第8回:オンライン授業 家での実験 繊維の鑑別(燃焼法)/撚り数
第9回:オンライン授業 家での実験 吸水性 
第10回:オンライン授業 家での実験 防しわ性/剛軟性
第11回:オンライン授業 家での実験 洗浄力試験;天然汚染布と人工汚染布/家庭洗濯
第12回:オンライン授業 家での実験 電子レンジ染色/草木染め(玉ねぎ)
第13回:オンライン授業 家での実験 糸造り、織物
第14回:オンライン授業 家での実験 まとめ
第15回:オンライン授業 家での実験 予備日
 
授業時間外における学習方法 事前に実験方法を予習し、ノートに記載しておいてください。
日本の伝統的な染織や新しい物づくり(繊維製品)、洗剤や洗濯機などに関する調査や資料収集などを課します.
課題について、期限内にレポートを提出すること.
 
授業のキーワード 衣服 繊維 布 洗剤 染織 環境  
受講補足(履修制限等) 被服学Ⅰおよび被服学Ⅲを履修していること。
対面授業は、密を避けるため,実験実習室の施設・設備の関係で1グループ16名以内として、2グループに分けけて別日程で実施します。
 
学生へのメッセージ 対面授業では,すべりにくい上履きを準備してください.ヒールの高いものは不可.
実験着(白衣)の着用が必要です. エプロン,割烹着不可.
実験ノートはA4サイズの方眼つきのノートを1冊準備すること.ルーズリーフは不可.
そのほかは、初回にガイダンスします.
 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 前半は対面授業、後半はオンライン授業とします。 
その他 対面授業ではグループでの実験なので、遅刻は不可.
 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.