タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60590700 
科目名   被服学Ⅰ  
担当教員   森田 みゆき  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   家404    開講学期   春学期  
曜日・時限   木3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程家庭選修必修科目、中等教育教員養成課程家庭専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   131101 
ねらいと目標  目覚ましい科学技術の発展により、衣生活も大きく変容している。衣服の素材の特性を把握して、選択、着用、手入れの一連の判断をするためには、被服材料学と被服衛生学を中心とした自然科学的な知識を身につけることが必要である。
 本授業では、被服材料学と被服衛生学の基本的な知識を身につけ、自然科学的な視点で衣服の素材の特性をとらえることで、家庭科の授業に活用出来ることを目標とする。
 
内容  人体の温熱特性と、着用環境、素材の温熱に関する評価などの衛生学的事項について学ぶ。また、被服材料の最小単位である繊維の化学構造と、繊維の化学的特性(反応特性)や物理的特性(水分、温熱特性など)との関係を学ぶ。繊維から作られる、糸、織物の構造が衣服素材の機能上に与える影響について学ぶ。衣服素材としての繊維材料の資源や環境問題について学ぶ。 
テキスト 「衣生活の科学」  間瀬、薩本他、アイ・ケイ・コーポレーション

適宜資料を配布する。
 
参考文献 山口庸子・生野晴美編著「新版 衣生活論」アイ・ケイコーポレーション
中島利誠編著「新稿被服材料学」光生館
 
成績評価方法 試験(70%)、レポート(20%)、受講状況(10%)により評価する。  
授業スケジュール(展開計画) 授業計画  毎回の授業では、テキストの当該ページを予め読んでおくこと。
第1回:ガイダンス、衣服の成り立ち、機能
第2回:人体生理と被服の温熱特性 
第3回:人体生理と被服の水分特性
第4回:人体生理と衣服構造
第5回:繊維の種類と化学的特性(植物性繊維と動物性繊維)
第6回:繊維の種類と化学的特性(再生繊維、半合成繊維の製法と特性)
第7回:繊維の種類と化学的特性(高分子合成、合成繊維の製法と特性)
第8回:糸の構造と特性
第9回:糸の太さ 計算演習
第10回:布帛の構造
第11回:布帛の構造 作図演習
第12回:布帛の加工/新素材の動向
第13回:繊維素材と水分/熱 
第14回:衣服の安全性と環境負荷
第15回:まとめ 定期試験
 
授業時間外における学習方法 事前にテキストの該当ページを読んでおいてください。 
課題について、期限内にレポートなどを提出すること.
 
授業のキーワード 被服、素材、繊維、快適性、資源、環境 
受講補足(履修制限等) 衣生活領域の授業のうち、最初に履修することが望ましい。 
学生へのメッセージ 衣生活の現代的課題に関心を持ち、快適な衣生活を営むための基礎的・基本的な内容の指導に必要な知識や態度を身につけてください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則、対面とします。
試験は、対面で筆記形式でおこないます。 
その他 ノートは本授業専用に1冊準備してください.ルーズリーフノート不可. 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.