タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60590600 
科目名   栄養学概論  
担当教員   櫛山 櫻  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   家602    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程家庭選修必修科目、中等教育教員養成課程家庭専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   132101 
ねらいと目標 現代社会において、大人から子供まで、食に関する知識を持って個々に自分の食の栄養管理を行える力を持つことが望まれるようになっている。その中で、栄養素に関する生化学的な知識は、食の栄養について考える際の基礎である。この講義においては、健康に過ごすために必要な栄養学の生化学的な知識について学習する。  
内容 基礎生化学の内容として、比較的平易に栄養素の生化学的知識を学習し、それをふまえながら栄養素の体内での代謝などについて、最新の情報と関連づけて学習していく。 
テキスト わかりやすい栄養学 改訂5版 三共出版 2300円(税別) 
参考文献 私たちの食と健康―食生活の諸相 第二版 三共出版 2300円(税別)(2年春の食物学概論の教科書)
また、WebClass上に学習補助教材を掲載する 
成績評価方法 平常点評価 30% (授業ごとにテーマを与えるので考察を記述したものを提出してもらう)
最終テスト 70% 設問式:栄養学全体ないし各栄養素の特徴を確認する簡単な設問に答えてもらう。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション 栄養学とは・消化と吸収・総論
2タンパク質の化学
3タンパク質の代謝
4脂質の化学
5脂質の代謝
6炭水化物の化学
7炭水化物の代謝
8ミネラル・ビタミンの化学・代謝①総論
9ミネラル・ビタミンの化学・代謝②各論
10エネルギー代謝①総論
11エネルギー代謝②各論
12食の実際
13栄養と遺伝子 分子生物学の最新の知見
14講義総括および最終テスト
15今後にむけた総合的理解
授業時間外における学習方法 指定された教科書で、授業前に授業で行う範囲を把握しておく。授業後は授業を思い出しながら、授業中に学んだ知識について、学習補助教材などを活かしつつ、自分なりのまとめを完成させる。 
授業のキーワード 栄養素、栄養バランス、健康、生活習慣病 
受講補足(履修制限等) 食物学実験・実習Bを履修したい学生は履修する事
14回目の試験の受験を必須とする  
学生へのメッセージ 栄養学の内容は一生役立つ知識です。単に単位をとるという視点でなく、日々の暮らしに役立つ、生きる力を付けるために受講するのだという意識を持って下さい。最終的に評価の主な部分はテストで行うので、少しずつ学習を進めていただくことを期待しています。  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 第1回・第14回はリアルタイムのオンライン講義である
それ以外の時間は基本的にオンデマンド配信とする 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.