タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60590300 
科目名   家庭科教材論Ⅱ  
担当教員   田中 敬文,倉持 清美,高橋 美登梨,南 道子,萬羽 郁子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N205    開講学期   春学期  
曜日・時限   金3   単位区分   必修,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(専攻SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   132101 
ねらいと目標 家庭科教育の各領域の内容に関する学問研究の到達点をふまえ、家庭科で扱うべき教材内容を検討し、教材開発の能力を養う。 
内容 保育、食物、被服、住居、家庭経営に関連した複数の分野について、専門的知識を有する教員がオムニバス形式で授業を行う。 
テキスト 大竹美登利、倉持清美(編著)・初等家庭科の研究-指導力につなげる専門性の育成・萌文書林・1,800円+税
その他、必要に応じて、授業内に提示する。 
参考文献 小学校・中学校・高等学校の家庭科の学習指導要領 学習指導要領解説
小学校・中学校・高等学校の家庭科教科書 
成績評価方法 担当者ごとにレポート・試験等を実施し、総合演習課題と合わせて総合評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:教材づくりの視点 (倉持・実地指導講師)
2保育:幼児理解と教材 (倉持)
3保育:ふれ合い体験と教材 (倉持)
4食物:現代の食生活の現状と課題 (南)
5食物:高等学校までの栄養素の知識と献立作成 (南)
6食物:食品の調理性と調理実習の基礎知識 (南)
7被服:高等学校までに衣生活領域の学習・製作学習の基礎 (高橋)
8被服:衣服の機能と着用・衣服の素材と手入れ (高橋)
9被服:環境と衣生活 (高橋)
10家庭経営:収入と消費のバランス(電卓を用いる) (田中)
11家庭経営:高等学校までの消費者問題(電卓を用いる)  (田中)
12家庭経営:消費と環境(電卓を用いる) (田中)
13住居:高等学校までの住生活領域の学習・住生活領域の教材 (萬羽)
14まとめ①:教材検討と教材づくり〔グループワーク〕 (萬羽)
15まとめ②:教材発表会 (萬羽・実地指導講師)
授業時間外における学習方法 教材作成の課題を出しますので、文献や実践例を調べ、考え工夫して作成してください。 
授業のキーワード 学習指導要領、教材、年間指導計画、評価、グループワーク、ICT 
受講補足(履修制限等) 「家庭科教材論Ⅰ」では、教科教育が担当し、家庭科における教材の考え方を学びます。「家庭科教材論Ⅱ」では、教科専門が担当し、各領域の教材についての考え方を学びます。 
学生へのメッセージ 小学校から高等学校までの系統的な学習を意識した、具体的な教材研究・開発を行います。教育実習や教員になったときの授業づくりに役立つヒントが得られると思いますので、A類生・B類生とも積極的に受講してください。 
実務経験のある教員による科目 実務経験のある教員が、授業の一部に参加し、講義と講評を行う。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面方式予定。状況により、遠隔方式(オンライン)も活用します。 
その他 eラーニングを活用します。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.