タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60590200 
科目名   家庭科教材論Ⅰ  
担当教員   渡瀬 典子  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   N206    開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   必修,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(専攻SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   131101 
ねらいと目標 これまでの自らの家庭科学習の経験を踏まえ、小学校・中学校・高等学校の学習教材に係る以下の能力育成を目指す。
■ 小・中・高で共通する学習課題を抽出し、各学校段階におけるミニマムエッセンシャルズについて検討・考察できる。
■ 児童・生徒の学習・理解を促すための教材の工夫について検討することができる。 
内容 学習者としての視点とともに、学習指導にあたる教員の視点から家庭科の学習教材の捉え直しを図る。授業では、学習指導要領の枠組みの理解、自らの学習経験の振り返りや基礎的な教材研究を通して、家庭科教材の特徴、発達段階に応じた教材の工夫を検討する。 
テキスト 文部科学省、小学校学習指導要領解説 家庭編、東洋館出版社、2018年
文部科学省、中学校学習指導要領解説 技術・家庭編、教育図書、2018年
文部科学省、高等学校学習指導要領解説 家庭編、教育図書、2019年 
参考文献 授業時に適宜紹介する。 
成績評価方法 ◎課外レポート等・・・20%
・学習事項を踏まえ、家庭科の学習方法や教材の工夫について十分に検討されているか。
◎毎時配布する「出席票」への記録・コメント内容・・・60%
・課題に対して、自身の思考を通して導き出された意見、回答が書かれているか。
◎期末課題・・・20%
・学習者が「考える」「確かめる」場面が設定された学習教材案が構想できているか。
・小学校・中学校・高等学校における学習を俯瞰しつつ、発達段階に応じた家庭科の学習教材の提案ができているか。
・自分が考えた教材案の発表において、その特徴を明確に伝えることができる。

◆いずれの課題においても、期限内に課題の提出がなされているか。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1・ガイダンス
・どんな「家庭科」を学んできたのか
2「学習指導要領」とは
家庭科の体系化と「生活課題」
3各学校段階につながる家庭科学習教材
家庭科の学習教材の特徴
4各学校段階につながる家庭科学習教材
放送メディアコンテンツからの再考
5各学校段階につながる家庭科学習教材
人々の暮らしを見つめる
6各学校段階につながる家庭科学習教材
生活文化を考える
7各学校段階につながる家庭科学習教材
人間関係をつくる
8各学校段階につながる家庭科学習教材
「人間が育つ、発達」を考える
9各学校段階につながる家庭科学習教材
「健康・快適・安全」を考える視聴覚教材 
10各学校段階につながる家庭科学習教材
「健康・快適・安全」を考える実験教材 
11各学校段階につながる家庭科学習教材
「健康・快適・安全」を考えるシミュレーション教材 
12各学校段階につながる家庭科学習教材
個人・家族の暮らしの営みと「持続可能」なライフスタイルを考える 
13各学校段階につながる家庭科学習教材
個人・家族・社会の「持続可能」なライフスタイルを考える 
14各学校段階につながる家庭科学習教材
学習教材の提案・発表①
15学習教材の提案・発表②
まとめ
授業時間外における学習方法 レポート課題等 
授業のキーワード 教材、小・中・高の体系化 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 授業の中では簡易的な実習が入る予定なので、裁縫道具や手芸材料を各自必要に応じて準備してもらう場合があります。(詳細は授業時に説明) 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本として、状況に応じて一部、遠隔形式を併用することもある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.