タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60301300 
科目名   生活科研究  
担当教員   関田 義博  
対象学年   3年   クラス   56  
講義室   別途指示    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金1   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程理科選修小教:生活、初等教育教員養成課程美術選修小教:生活、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:生活、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程英語選修小教:生活、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:生活、初等教育教員養成課程国語選修小教:生活、初等教育教員養成課程幼児教育選修幼教、初等教育教員養成課程家庭選修小教:生活、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程数学選修小教:生活、初等教育教員養成課程社会選修小教:生活、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:生活、初等教育教員養成課程音楽選修小教:生活、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:生活 
備考  Aコース ※2年生履修不可 
ナンバリング   133974 
ねらいと目標 子どもにとっての具体的な活動や体験の意義を理解し、子どもの自発性や個性を尊重しながら生活科の目標に導いていくための考え方や授業力、カリキュラムデザイン力を研究的視点をもって高める。 
内容 生活科創設の背景、体験の価値、幼児教育との関連、教科目標と内容、年間指導計画、単元指導計画と学習過程、教材研究と学習活動の工夫、気づきのメカニズムと指導者の役割などについて検討していく。生活科における子どもの気づきとは、成長とは何か、豊かな育ちのための授業とは何かについて考えを深めていく。 
テキスト なし 
参考文献 なし 
成績評価方法 毎回の小レポート30%、構想した教材・授業案の内容30%、最終レポート40%で総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本講座の目的と方法 -生活科の「学び」とは-
2子ども時代の体験の意義
3子どもの学びを支援する指導者のかかわり-幼児教育との接続から-
4生活科創設の経緯と背景
5生活科の目標・内容の構造分析
6「気づき」とは何か -「気づきの質」を高める体験と表現の循環-
7生活科における探究過程の実際  -教科書及び指導計画の分析-
8生活科における表現活動と評価
9生活科における「深い学び」としての授業づくり
10授業分析(子どもの活動分析)
11授業分析(指導者の支援としてのかかわり)
12これまでの学びをふまえた教材開発、単元・授業構想
13単元・授業構想の発表とディスカッション
14小学校における生活科を核としたスタートカリキュラムデザイン
15総括―本講座をふりかえって―
授業時間外における学習方法 必要に応じて行ってください。 
授業のキーワード ①生活科設置の趣旨、②教材研究、③授業づくり 
受講補足(履修制限等) 受講する資格のある方はすべて受け入れます。 
学生へのメッセージ 冬季の1限なので金曜日は早起きをがんばってください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面の形式で通常通り行う予定です。 
その他 学習指導要領にある生活科の内容のうち(1)学校と生活、(6)自然や物を使った遊びの内容については具体的に取り上げて扱うことができません。(1)と(6)以外の7つについては授業で詳しく扱います。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.