タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60301100 
科目名   家庭科研究  
担当教員   植田 真理子  
対象学年   3年   クラス   57  
講義室   C201    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程数学選修小教:家庭 
備考  対象:A数学 
ナンバリング   133101 
ねらいと目標 小学校で家庭科を教えるために必要な基本的な知識と応用できる実践力を身に付ける。具体的には、家族・食物・被服・住居・家庭経営に関連した複数の分野について、偏りなく知識と実践力を持てるようになることを目標とする。  
内容 家族・食物・被服・住居・家庭経営に関連した複数の分野について、小学校家庭科に必要な専門的事項を含んだテキストを用いながら、講義する。さらに、小学校家庭科の授業展開に活かすことのできる題材構成や教材選びの視点、学習指導の要点や留意点を学ぶ。グループワークやグループディスカッション等も予定している。(今年度はグループワークの代わりになる方法を模索しながら進めることとする。)  
テキスト 「初等家庭科の研究-指導力につなげる専門性の育成」大竹美登利 倉持清美 編著 ・萌文書林 ・1980円 
参考文献 小学校学習指導要領解説 家庭編
その他、授業にて適宜紹介する。  
成績評価方法 平常点評価(質疑応答、レスポンスシート、小テスト等)40%、レポート・試験等60%を、総合的に評価する。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:小学校高学年と家庭科
2家族:家庭の仕事と生活時間
3家族:現代家族の状況
4食物:現代の食生活
5食物:栄養と献立
6食物:調理の基礎と調理室の管理
7被服:衣服の着用
8被服:衣服の手入れ
9被服:布を用いた製作、環境に配慮した衣生活
10住居:小学校における住生活の学び・住まいの働きと役割
11住居:室内環境とその調整
12住居:住居の管理
13家庭経営:収入と消費のバランス
14家庭経営:子どもの消費者問題
15家庭経営:消費と環境
全体のまとめ
授業時間外における学習方法 授業前後でテキストをよく読み、ワークシートを活用すること。また、学習内容を振り返り理解を深め、関連する情報を収集しておくこと。
※普段の生活すべてが「家庭科」の指導内容につながるため、自身の生活の中で、学んだことを実践すること。  
授業のキーワード 小学校家庭科 、学習指導要領、生活、自立 
受講補足(履修制限等) 割り振られた対象専攻、4年生、B類など割り振られたクラスのない3年生のみ受講可 2年生受講不可  
学生へのメッセージ 小・中・高等学校での家庭科の授業経験をもとに実践的に指導します。
家庭科は領域が広いので、テキストを上手に活用して学びを深めてほしいと思います。自身の生活におけるさまざまな課題を見つけ、問題解決に向けて考察し、実践していきましょう。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.