タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60101700 
科目名   初等家庭科教育法  
担当教員   佐藤 麻子  
対象学年   2年   クラス   58  
講義室   S103    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木2   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程情報教育選修小学校各教科指導法、初等教育教員養成課程数学選修小学校各教科指導法 
備考  対象:A数学 A20-0246~/A情報 
ナンバリング   122101 
ねらいと目標 ①小学校家庭科の目標・内容・指導方法及び評価について理解を深め、創造的な視野をもって家庭科が指導できるようにすることを目指す。
②小学校家庭科の学習指導案や模擬授業の実践、授業参加を通して、よい授業の在り方を分析・検討できるようにすることを目指す。 
内容 ・学習指導要領に基づいて、小学校家庭科の目標や指導内容・指導方法に関する基本的事項及び効果的な学習指導を実践するための指導計画、評価、施設・設備等について理解を深める。
・小学校家庭科の学習指導の実際(教材研究の方法、学習指導案作成、具体的な指導の実際、具体的な評価方法の実際)を学び、授業イメージを形成する。
・衣生活・食生活についての実習を通して実践的指導力を身に付ける。 
テキスト 「小学校学習指導要領解説 家庭編」平成29年告示、文部科学省、東洋館出版(95円+税)
「小学校家庭科教科書「わたしたちの家庭科5・6」、開隆堂出版株式会社(288円) 
参考文献 「教科教育学シリーズ⑦家庭科教育」橋本美保・田中智志監修、一藝社 (2200円+税)
「初等家庭科の研究」大竹美登利・倉持清美、萌文書林 (1800円+税)その他、授業時に別途紹介。 
成績評価方法 毎時間ごとのコメントカードの内容30%、小課題・学習指導案の作成50%、期末課題20%によって総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス 小学校家庭科教育の意義 家庭科教育の歴史的変遷
2小学校家庭科の目標と内容(学習指導要領内容A・B・C)
3小学校家庭科の授業実践例と1時間の学習指導案作り
4家族・家庭生活の学習内容と指導方法(情報機器及び教材の活用を含む)
5食生活(食事の役割、栄養素)の学習内容と指導方法(情報機器及び教材の活用を含む)
6食生活(調理の基礎)の学習内容と指導方法(情報機器及び教材の活用を含む)
7衣生活(衣服の着用と手入れ)の学習内容と指導方法(情報機器及び教材の活用を含む)
8衣生活(生活を豊かにするための布を使った製作)の学習内容と指導方法(情報機器及び教材の活用を含む)
9住生活(季節の変化に合わせた住まい方)の学習内容と指導方法(情報機器及び教材の活用を含む)
10消費生活・環境の学習内容と指導方法(情報機器及び教材の活用を含む)
11教材研究 板書
12年間指導計画と学習指導案の作成方法
13学習指導案の検討
14家庭科における学習評価の意味と方法
15学習のまとめ 
授業時間外における学習方法 ・学習指導案及び教材の作成をする。
・様々な授業実践報告をもとに、それぞれの分野の指導実践を調べておく。
・授業で提示した課題について、次回の授業までに内容を復習しておく。
 (所要時間60分程度) 
授業のキーワード 実践的・体験的な学習、学習指導要領 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ ・毎時間、コメントカードや課題の提出があります。期日までに提出してください。
・今回は、遠隔授業のために、調理実習・被服実習については各自、家庭で行っていただきます。その時に、裁縫用具、ボタン、フェルト等が必要になります。各自で用意しておいてください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.