タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-特別支援教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60702800 
科目名   発達障害心理学特論  
担当教員   平田 正吾  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金5   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免必修科目 
備考   
ナンバリング   132091 
ねらいと目標 特別支援教育における代表的障害である知的障害のある者の心理特性やその評価法について、中枢神経系の基礎的事柄と関連づけながら理解する。 
内容 知的障害は、発達初期に生じる障害(広義の発達障害)の中でも代表的なものであり、我が国の特別支援教育における主要な対象の一つである。本講義では、こうした知的障害の心理特性や評価法に関して、その生理学的・病理学的基盤である中枢神経系の機能と障害を概観した後に、関連する他の発達障害との関係についても併せて取り上げていくことから、知的障害児の心理特性に対する総合的な理解の観点を得ることを目指す。 
テキスト 特に使用しない。講義内で配布する資料を使用する。 
参考文献 講義内で適宜、紹介する。 
成績評価方法 コメントペーパー等によって評価される授業態度(10%)、及び最終試験(90%)の成績から評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 1 ガイダンス
2 知的障害の基礎的事柄(1)定義・分類
3 知的障害の基礎的事柄(2)ビネー式知能検査及び知能指数
4 知的障害の基礎的事柄(3)ウェクスラー式知能検査
5 中枢神経系の機能と障害(1)脳の構造
6 中枢神経系の機能と障害(2)ニューロンの働き
7 中枢神経系の機能と障害(3)脳機能の発達と障害
8 中枢神経系の機能と障害(4)神経心理学的評価の実際
9 知的障害と関連する障害(1)てんかん
10 知的障害と関連する障害(2)脳性マヒ・重度重複障害
11 知的障害と関連する障害(3)発達性協調運動障害
12 知的障害と関連する障害(4)自閉症
13 知的障害と関連する障害(5)行動障害・2次障害
14 知的障害に対する生涯発達支援
15 まとめ
 
授業時間外における学習方法 特に各回の復習に力を入れて、授業外の学習を行ってください。
 
授業のキーワード 知的障害, 評価法(アセスメント), 中枢神経系 
受講補足(履修制限等) なし 
学生へのメッセージ 不明点があれば、shirata@u-gakugei.ac.jpまで連絡してください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的には、対面形式での実施を予定している。 
その他 なし 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.