タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-特別支援教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60701800 
科目名   聴覚障害心理学特論  
担当教員   齋藤 友介  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免必修科目 
備考   
ナンバリング   132091 
ねらいと目標 この授業では多様化する聴覚障害教育の動向を踏まえ、個々の幼児・児童・生徒の教育的ニーズを理解し、教育を実践するためにするために不可欠な、心理学的理解を深めることを目標とする。 
内容 この授業では聴覚障害教育の実践に不可欠な、聴覚障害児者に対する心理的事項を講義する。具体的には乳・幼児期、学齢期、青年期の各段階における、言語、認知、社会性の発達を概説する。 
テキスト 佐藤泰正(2011):「特別支援教育概説」、学芸図書。(絶版のため、開講時に教科書のプリントを配布する。)  
参考文献 草薙進郎・齋藤友介(2010):「アメリカ聴覚障害教育におけるコミュニケーション動向」、福村出版。 
成績評価方法 授業時に提出を求める小レポートの内容、グループ発表の状況等をふまえて評価する。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業の進め方
2聴覚障害と乳幼児期のコミュニケーション
3乳幼児期の言語発達
4乳幼児期の認知機能の発達
5乳幼児期の社会性の発達
6学齢期おける言語・リテラシー(「読み・書き」)の発達
7学齢期における学力
8学齢期における認知機能の発達
9学齢期における社会性の発達
10青年期における言語・リテラシーの発達
11青年期における学力
12青年期における認知機能の発達
13青年期における社会性の発達
14社会への移行期の課題
15授業のまとめ
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード 聴覚障害、コミュニケーション方法、言語発達、認知機能の発達、社会性の発達  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 聴覚障害教育には「古く、かつ新しい話題」がたくさんあります。今日、我々が直面する諸課題を解決するために、歴史的な視点に立ってみましょう。  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式により授業を行う。  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.