タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-特別支援教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60701300 
科目名   知的障害教育学  
担当教員   村山 拓  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   C301    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程 共通必修科目、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免共通必修科目、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免共通必修科目、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免共通必修科目、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免共通必修科目 
備考   
ナンバリング   131091 
ねらいと目標 主に、次の4点を目標としています。
1、知的障害特別支援学校における教育課程と授業づくりの原理・特徴について理解する。
2、インクルーシヴ教育など、知的障害児への教育実践に関わる課題・動向について理解する。
3、知的障害教育におけるカリキュラム・デザインの考え方について理解を深める。
4、知的障害教育における教師の役割や専門性について、考えを深める。 
内容 知的障害教育において、カリキュラムの基盤をなしている原理を理解し、それらが教室において、どのような形で具体化されているのかを考察します。知的障害特別支援学校の学習指導要領や実践記録などを題材として、障害を持つ子どもの学習をどのように組織されて/今後していくのかを検討します。
講義内容は、知的障害児に対する教育課程、カリキュラムが中心となりますが、学習に困難を抱える等、さまざまな教育的ニーズを持つ子どもが、同じ教室で学ぶようになってきている今日的動向を鑑み、そのような教育実践における教師や学校の役割についても考えたいと思います。 
テキスト 文部科学省『特別支援学校学習指導要領解説 各教科等編(小学部・中学部)』開隆堂、2018年
横倉久・全国特別支援学校知的障害教育校長会『知的障害特別支援学校における「深い学び」の実現』、東洋館出版、2020年
ただし、受講生の学習状況等よって、参考文献等からテキストとして追加指定する場合があります(特に学習指導要領解説の総則等編と自立活動編についてその可能性があります)。 
参考文献 『特別支援学校教育要領・学習指導要領解説 総則等編(幼稚部・小学部・中学部)』文部科学省編、開隆堂、2018年
『特別支援学校教育要領・学習指導要領解説 自立活動編(幼稚部・小学部・中学部)』文部科学省編、2018年
『特別支援学校高等部学習指導要領』文部科学省編、海文堂出版、2019年
『新訂 知的障害教育総論』太田俊己・藤原義博著、放送大学教育振興会、2015年
『自閉症教育と知的障害教育 授業とカリキュラム開発の歴史と展望』太田正己著、東洋館出版社、2012年
『障害児教育の教育課程・方法(改訂版)』清水貞夫・玉村公二彦共編、培風館、2003年
『障害児の教授学入門』湯浅恭正・冨永光昭共編、コレール社、2002年
『指導事例Navi 知的障害教育Ⅰ小学部編』『同 Ⅱ中学部編』全国知的障害養護学校長会編著、ジアース教育新社、2006年
『学びとケアで育つ』佐藤学監修、津守真ほか著、小学館、2005年
『特別支援教育を創造するための教育学』安藤隆男・中村満紀男編著、明石書店、2009年
 
成績評価方法 学期末に授業内容と発展的な学習課題を組み合わせたレポートを作成、提出してもらいます(おおむね70%)。その他、小レポート、知識確認用の小テストや、授業への参加状況なども加味しながら、総合的に判断します。 
授業スケジュール(展開計画) 以下の内容で講義を行います。ただし、履修者の学修状況等により、順番の入れ替え等があります。
内容
1ガイダンス(授業の概要と進め方、履修上の注意点など)
2日本の学校教育における知的障害の位置づけ(法令・制度等)
3知的障害教育の史的展開(概説)
4知的障害教育における教育課程の特徴
5知的障害教育における教科内容の構成と特徴
6知的障害教育における家庭や地域との連携の課題
7知的障害教育における学習デザイン
8各教科等を合わせた指導の考え方と展開例①日常生活の指導・遊びの指導
9各教科等を合わせた指導の考え方と展開例②生活単元学習
10各教科等を合わせた指導の考え方と展開例③作業学習
11知的障害教育における自立活動の特徴
12知的障害教育における道徳教育や探究的学習の特徴
13知的障害教育における学習評価
14個別の指導計画の活用
15総括と発展課題
授業時間外における学習方法 その都度指示します。関連する文献や学術記事、新聞記事などに積極的に目を通してください。 
授業のキーワード 知的障害、カリキュラム、授業づくり、教育課程、個別の指導計画、学習指導 
受講補足(履修制限等) 特にありません。 
学生へのメッセージ 意欲的、積極的な参加を期待しています。 
実務経験のある教員による科目 授業担当者は、特別支援学校や通常の小・中学校、発達支援センター等でのスーパービジョン等の経験を有していますので、それらの知見も踏まえて講義を進めたいと考えています。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 例年100名前後の受講者数ですので、遠隔形式となる見込みです。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.